« すごい人と出会ってしまいました。 | トップページ | FF12~倒さなくてもいいボスとトリックスター~ »

2006年5月25日 (木)

今日のすごい人~食育シェフ~

某有名シェフのSさんに会った。この方、料理もすばらしいがお人柄の良さに惹かれる。今年の「子どもの日」には専用メニューを設け、普段は他のお客様に迷惑なのでお断りしている未就学児も含めてお子様大歓迎とした。

と言っても、よくあるサービスデーとかファミリー層をとりこもうとした企画ではない。根底にあるのは「食育」なのだそうだ。

シェフは日頃から小学生の料理教室にボランティアとして参加。また4歳のお子さんを持ち、ますます「食育」の重要さを感じたという。

あまりにも強い刺激や化学調味料、過剰な塩分、糖分、脂で、子どもたちの味覚が育たない事。外食の場で、テーブルマナーが親によってしつけられていない現実。私の主観でも、ハンバーグやエビフライなどがどかどか乗って、野菜は全然無いようなお子様ランチが多すぎるし、スナック菓子や清涼飲料水に慣れてしまって、ちゃんとした味のものが好まれない事が気になる。ファミレスやファストフードが日常化しているのも気になる。昔、家族そろって外食といえばちょっとおめかしして、いつもよりお行儀よくして、大人の世界を垣間見るような経験ができたものだが、今はそういう機会が少ないのではないだろうか?ファミレスは無法地帯。あまりにもしつけのできていない子どもが多いので、ちゃんとしたお店は、子供連れをお断りする。これではいつまでたっても子どもが、ちゃんとした大人になれないではないか。

Sさんの店も、本当はお子様連れでも気軽に本物の食事を楽しめるようにしたいのだという。が、他のお客様が子ども連れを嫌う場合もあり、小学生以上できちんとしつけのできた子に限り、受け入れているそうだ。が、子どもの日はあらかじめこの日に予約を入れる方にも、小さなお子様が来る事を告げ、了承できないようならお断りするということにした。いくら人気の店でも、お得意様の予約を断るのは大変な事だ。

お子様コースは1000円と2000円の2種。ちゃんとしたジュースと、これだけでも500円はとれるだろうというデザートつきだ。4月、Sさんはいたずらっぽく言った。

3大珍味も、入れちゃおうかな~

気のせいか、そばにいたマネージャーがひきつったようだったが、まったくかまわず、Sさんは実行したそうだ。「やっぱり本物を食べて欲しいからね。もしかしたら最高級のキャビアを食べてもおいしいと思わないかもしれない。いや、たぶんイクラの方がおいしいって言うかも(笑)それでも、いい」   …私も小学生になりたい。

しかし、「食育」を掲げるだけあって、そんな甘い話だけではない。

苦いものも、入れちゃおうかな~~

味覚の幅を広げるために、子供向けメニューからは除外されがちな「苦味」のあるものも、あえて食べさせようというのだ。そして、旬の野菜もたっぷりと。子どもに媚びるだけで、本当に子どもの事なんか考えてないようなお子様ランチとはまったく発想が違う。さらに、ふだんこの店はどなたにも肩肘張らず食事を楽しんでもらおうと、軽めのBGMを流しているのだが、

この日だけ、クラシック流しちゃおうかな~~~~~

子どもに媚びない。妥協もしない。これがSさん流こどものもてなしだ。

フランス料理を食べることを通してフォーマルな場でもきちんとふるまえるようにする。これもまた、食育のひとつ。こういう発想の「お子様メニュー」があちこちで実現したらすばらしい。普段ファストフードや居酒屋で子どもに食事させている親も、たまにはこういうところでびしっと決めるのはどうだろう。大人になって料亭や高級レストラン、結婚式などに行く機会を得ても、どうふるまったらいいかわからない人間に育てるのは、かわいそうだ。

|

« すごい人と出会ってしまいました。 | トップページ | FF12~倒さなくてもいいボスとトリックスター~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のすごい人~食育シェフ~:

» 桃太郎ってトマト、こんなに水っぽいの? [宮沢賢治の風−自然が何でも教えてくれる]
 月齢0.9日    昨日スーパーで買った桃太郎 昨日も今朝も トマトと呼べないくらい味がうすい。 これがトマトか? 「桃太郎」って有名ブランドじゃなかったっけ? ( ̄O ̄*)  まさかなあ、と思って探したらこういう方もいる     桃太郎の完熟があったので...... [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 14時31分

« すごい人と出会ってしまいました。 | トップページ | FF12~倒さなくてもいいボスとトリックスター~ »