« おちゃめなことえり | トップページ | 我が家のぬし釣り~えさは超人バロム1 »

2007年5月 8日 (火)

RW隠しエンディングを見たぁ!~真の地獄はラストに

昨夜、思い余ってラストに向かった。隠しエンディングを見るぞ~!という気概と共に。

隠しエンディングの条件を満たすと、最初のバトルは、敵ザコのレベルは通常通り60前程度だが、その次のラストバトルはこの戦い専用のザコのレベルが99になると、ネットで知った。おお、たしかに99。これはいよいよだ。

先に進むのが怖いから いろいろな要素を見逃すまいと、それはそれは慎重に、どこのマップでも一度はフリーバトル、さらに合成を極めるために発掘しまくりの私のデータでは、もはやカイツがレベル98。ラスト前の召喚ゲート封じで、めでたく99になった。

一応、私が一番使ったキャラは、やはりパンネロである。強制的にはずされるイベントを除いては皆勤賞だ。だが、恐らく敵に止めをさすなどで、経験値が振り分けられるのだろう。

逆に言えば、カイツは臆病で心優しいキャラクターとは裏腹に実に戦士として有能で、誰よりもその手を血で染めているといえる。もちろん有象無象の99レベルザコと対等にわたるためには、欠かせないだろう。そしてパンネロ、レベルは意外と低くなってしまったが、「主人公だし」とヴァン。それからフィロと、「やっぱ、隠れた主人公だし」とリュドで臨んだ。

うわあああああああ。

最初にクリアしたときとはまるで違う。アルテマ様だろうがバハムートだろうが、この有象無象にはてこずっているし、レベル1はもちろんのこと2の召喚獣でさえも使い捨てのように召喚しなくては追いつかない。ゲームオーバー、ゲームオーバー……一応、これで経験値は入るし、リュドもレベル99になった。また、「ここをああすれば…」などと、「ファイナルファンタジートゥエルヴレヴァナントウィング」などという呪文のような名前もろくに覚えられないような老いた頭なりに反省し、対策を立てられる。とにかく、パンネロ、カイツは真ん中にいれて敵の攻撃に晒すな、あまり離れるな、まずは向かって左の手をつぶし、次に右手。近接タイプのヴァンと攻撃役の召喚獣にターゲットを、あくまでも階段の下、脇の方から殴らせ、真ん中に回復、3レベルの強い召喚獣を盾に、リュドがそばでバニシガを使う。

あああああ。

だめだああ。両手をつぶすと、これまたレベル99のバハムートが来るし、強烈なビームも来る。普通にクリアしたときにはそれでもなんとかなったけど、レベル99軍団では、

『階段は絶対登るな』

でよし。って言うのに、隙あらば登りたがるリュド、カイツ、パンネロ。FFTなら、キャラが勝手に歩くことも無いのだけれど、本当にもう、うろうろするんだから。保育園の先生の気持ちがわかる…もたもたしてると、大事な園児が死ぬ~

何度もやり直し、いいかげん丑三つ時だ。明日も仕事だ。大切な回復役も、強力魔道士も倒れた。残るヴァンとフィロの生命力も風前の灯。召喚も、とても間に合わない…今日は、ここまでにしようか。

と思ったところで、本当に首の皮一枚のぎりぎりで、勝てた。

ところが。

ええええ!?ミッション100%、召喚獣100%だが、合成は92%だあ!しまった、合成の見逃しがあったか。せっかくこんなに苦労したのに…

だが、一応エンディングを見たら、ちゃんと隠しエンディングが見られた。合成は、100%じゃなくてもよいようだ。ふう。

あまりネタバレしてもいけないので、ちょっとだけにとどめるが、

レベル99の超魔人・カイツが、レベル80台のヴァンにブリザガ!

((((((;゚Д゚))))))

|

« おちゃめなことえり | トップページ | 我が家のぬし釣り~えさは超人バロム1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おちゃめなことえり | トップページ | 我が家のぬし釣り~えさは超人バロム1 »