« FF12RW堪能しまくり~おたからだけが楽しみさ~ | トップページ | ゾディアーク倒した!~隠しエンディングまで秒読みだけど »

2007年5月 6日 (日)

息子までRW~特攻戦法でがんがんととばす

「ギルガメッシュが出たよ」「リッキー一味がおもしろい」などと言いながら、狂ったようにRWをプレイする私を見て、息子が「やりたくなってきた…」という。

百戦錬磨のゲーマーである息子には非常にぬるいとは思うが、貸してやった。

最初のチュートリアル。息子にはまどろしかったらしく、最初のプリンを軽くスルーした。おいおい、練習ステージくらい付き合いなさいよ…。

するとヴァンがプリンに「相手しているヒマはないんだ!」と言い出した。「やっぱ、俺みたいなプレイヤーがいることを見越して作っているんだな」と笑う息子。そして息子のヴァンは、バトルを一切することなく、いとしいパンネロを目指した。プリン2体をひきつれて。

人のプレイっておもしろいものだ。こんなシンプルなゲームでも、私と息子のプレイスタイルはまるで違う。私はこつこつバランスよく、どんな状況でも困らないように召喚獣と契約し、満遍なくキャラを育て、期間限定らしいキャラとも楽しくつきあい、バトルはみんなで仲よくがんばろう!というスタイル。最初の頃など、迷子の召喚獣を助けにわざわざ戻ったりしたくらいである。

息子の場合は、ほんの序盤でもイフリートが暴れている。たいしてフリーバトルをしているわけでもなくがんがん進んでいるのだが、聖石をそこに注込んだということだろうか。「カーバンクルってどこよ?」ああ、カーバンクルはそういう進み方してると探すのに骨が折れるぞ…

炎のゲーマーは、さらに非道なプレイに出る。ボムの自爆大作戦だ。私が終盤、ボム軍団の特攻に泣かされたと話したせいか、むしろそれをやっちゃおうと思ったらしい。ボムをたくさん召喚し、いっせいに敵陣に突っ込ませて自爆。

敵のクリスタル破壊など、これで楽勝だという。

こいつに権力を持たせちゃいけないなw

|

« FF12RW堪能しまくり~おたからだけが楽しみさ~ | トップページ | ゾディアーク倒した!~隠しエンディングまで秒読みだけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FF12RW堪能しまくり~おたからだけが楽しみさ~ | トップページ | ゾディアーク倒した!~隠しエンディングまで秒読みだけど »