« 私はすぐに帝国一級市民になる~FF12の特異さ | トップページ | 「イグアナの息子」~私はどんな母親だったか »

2007年8月29日 (水)

ファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイト~息子の鮮やかなプレイ

FFCCROF(ファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイト)を、土曜に購入した。息子がどうしても欲しい~と珍しくねだったからだが、結構評判がよく、私も興味があったからだ。

可愛い。ひたすらかわいく、よくできている。アクションが苦手でなければずいぶん楽しめそうだ。ええ、氷を積むのにも苦労した私は、本当の冒険の始まりの前にあきらめましたよwプレイ時間3時間。

そんな様子を覗き込んでいた息子。生意気にも「あ~…アンタ、苦手でしょ、こういうの」と苦笑い。そして所有権は鮮やかに息子に移った。

「ミース可愛い~~~(*´Д`)ハァハァ」

よかったわね。あたしゃ成長したお兄ちゃんが仲間を得ることなく孤独死したわ。息子はそんな私に親孝行のつもりかいろいろプレイ画面を見せてくれる。可愛いミースの特殊能力、いかれているミースの合成、2ちゃんねるのやりすぎのようなミースのせりふ……

そして氷を積むのにも苦労していた私に息子は言った。

「俺、魔石積んで階段にして、普通いけないところにまで行っちゃってるから」

息子が言うには、魔石階段で普通いけないところにも行くし、通らなきゃいけない場所もそれで行かずに済ませているそうだ。おかげで普通の上り方、忘れちまったぜ~とかいう。

神様は、この永遠の3歳児に素晴らしく無駄な能力をお与えになったらしい。

|

« 私はすぐに帝国一級市民になる~FF12の特異さ | トップページ | 「イグアナの息子」~私はどんな母親だったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私はすぐに帝国一級市民になる~FF12の特異さ | トップページ | 「イグアナの息子」~私はどんな母親だったか »