« おたっきー三昧の日曜日 | トップページ | 息子の寝顔はかわいいけれど~起こすのにも覚悟が必要~ »

2008年1月21日 (月)

財布を家に忘れました~君は生き延びることができるか~

お得意様に集金に行った。大きいお金しかなく、お釣りある?と言われた。集金作業が主ではない仕事なので、つり銭を用意はしていないが、自分の財布にあればそれを使うことがままある。「お待ちください」とバッグを探った。……無かった。財布を、忘れた。カラオケにうかれて別のバッグを使ったのが、まずかった。

お得意様は「じゃあ、崩しに行きますか……あ、どうですか、昼食でも一緒に」

それは謹んでお断りした。お客様にごちそうになるわけにはいかないし、どうもこの方、最近そういう方向に持っていこうとなさるのを、鈍感な私でも感じている。わが社と最悪の状態にあったのを、私が担当することになって一気に好転したのはよいことだが、変なトラブルになるのも困るし。

で、ご集金させていただいて、ふと我に返る。

昼食、どうしよう。

今日は大寒。その名の通り寒くて凍える。何か暖かいものでも口にしないと倒れそうだ。

……しかし私はそのためにいろいろ準備をしている。まずは会社に、いくらかのお金をおいている。基本的には会社の弁当買出しに必要な小銭だが、ついでに千円札も一枚おいていて、とりあえず一日は飢えず、仕事にも支障なくいけるようにしている。

が、それは社内で「財布を忘れた」ことに気づいた場合に有効である。今は出先。今日の予定では、早々に食事をすませ、午後一番のアポに向かわなくてはならない。

そのために、さらに用意しているのが「SUICA」だ。

普段は定期券として利用しているが、クレジットカードとしても使え、しっかりチャージしておけば利用可能店でちょちょいと買物ができる。この寒さでは対応コンビニでパン、なんていやだけど、駅中の売店や立ち食いそばなどでも対応していた。よし、立ち食いうどんくうどーーーー!

で、食った。昨日はおしゃれレストランで友人と優雅にイタリアンだったが、立ち食いも平気である。そうでもなければ、営業なんぞやっとれん。

☆  ☆  ☆

今日は久しぶりにいかとサトイモの煮物。息子が嫌がると困るので、保険に鳥胸肉のクリーム煮を作った。鳥のクリーム煮にはちょっと思い出がある。営業先がフレンチレストランのシェフで、おつきあいがてらランチタイムにうかがったのだ。その日のランチメニューがそれ。………1000円という、私にしてはがんばった金額であったが、盛り付け=小学校の給食以下、味=こんなまずいものを食べたことが無い というレベルであった……

鳥の胸肉は脂が少なく、ヘタに煮るとぱさぱさ、きしきしとしておいしくない。だからクリームなどの脂分とあわせるとおいしいのだが、それをこんなにも歯にきしきしさせちゃうのって信じられない。魚介類などはもっと火の通し方が繊細で、逆に言えばそれがわかってさえいればけっこうおいしいものなのに。

おまけにそのシェフ、口説いてくるし……

もちろん、私の幼稚なクリームソースよりはるかに本格的なものだろうが、さすがにそちらには行かなくなった。

うむ、昔うっかり子どもを「いかの煮物嫌い」にしてしまったが、今日のはうまかろう。いかはほどよい弾力を残しながら味を出しているし、いただいた里芋はねっとりと甘く、旨い。おいおいその、たっぷりと旨みと汁を含んだ干ししいたけを残すなよ~これが絶品なんだから~~。

|

« おたっきー三昧の日曜日 | トップページ | 息子の寝顔はかわいいけれど~起こすのにも覚悟が必要~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おたっきー三昧の日曜日 | トップページ | 息子の寝顔はかわいいけれど~起こすのにも覚悟が必要~ »