« バブイルの巨人でゲリュオンを倒した~装備と苦行がすべてです~ | トップページ | おかんと息子がドラゴンボールを見た~ »

2008年2月19日 (火)

息子の「試験」観~今期テストの荒れ方

毎度テスト期間には「せっかくテストで時間があるんだから少しでも勉強しなさいよ」「うるせー」で大喧嘩、器物損壊の大騒ぎになるのだけど、今期は私がな~んにも言わなかったため、比較的おだやかな一日目を迎えた。

しかし息子はやっぱり毒づいてきた。

「あ~~マジ最悪。一日目から国語と社会なんて、ありえね~」

いや、ふつうにありえるって。一日目から錬金術とか黒魔法の試験のほうが、ありえないから。

「ホントクソだよ。両方とも暗記ばっかりなんだ。暗記力だけを試験するの、意味ねえ」

……普通なら、暗記だけで点がとれるならラクだと思うけど。しかし息子は、昔から理解力を求められる問題が非常に得意という変わった子だった。清水義範の名著「国語問題必勝法」の主人公の心理が、まったく理解できないかもしれない。

「点をとりやすいテストだからいいじゃないの。小論文を書け、のほうが大変じゃない」
「そのほうがいい」
「大学にでもいけば、いくらでも論文書かされるんじゃない? 定期テストでは、暗記力を求められるのは仕方ないけど」
「ありえねえ」

息子は記憶力に欠けるというわけではない。むしろ優れているほうだと思う。ただ、コツコツ勉強して覚えるのは嫌いなようだ。なんとなく遊んでいて覚えられる子。子供の頃は神童だが、年を取ると馬脚を現すタイプだろう。私のように。

「社会とか理科とか、なんの意味もねえし。役にたたないし」
「そんなことはないよw」
「教科を分けることも必要ねえよ」
「分けたほうが、やりやすいって」
「歴史とかマジどうでもいい。昔のことなんか覚えてても意味ない」
「それは違うだろう。歴史を知ることは現代や未来を知ることでもある」

ふう、またこの話題か。とにかく、教科書程度のことは知っとけって。でないとよその国で「日本の寿司はわが国の料理のパクリ」などと言ってても、反論すらできない人間になっちゃうぞ。

「歴史を知らないと、今のこともわからないでしょ。なんであそこで戦争してるのかとか」
「戦争なんかすることが、わかんねえ。宗教は人を救うもんなのに宗教で戦争するのばかばかしい。国なんてイラネ。全部統一しちゃえよ」
なんかすごい中二病を見た気がするが、親としては少し相手してやらないといけないだろう。

残念ながら、そうは考えない人が世界の大半だ。世界3大宗教はキリスト教、イスラム教、ヒンズー教と言われるが、問題のキリスト教とイスラム教は一神教。他を一切認めないものだから、相容れない。しかも根っこが同じで、聖地が共通だったりするから始末に終えない。紛争の歴史は長いし、日本人のように宗教に寛容な人間は世界のほんの一握りだ。

世界を統一しちゃえ、と言うけれど、歴史上世界を征服しそうな人物は何人かいたけど、成功してないのはなんでだと思う?

最近もコソボ独立のニュースが流れたけど、国の数はむしろ増えてる。なんでだと思う?

この子は、ああだこうだと押し付けられる授業よりも、考えさせられる授業の方がむいているんじゃないかなと思うので、いろんな話題をふってやった。少し、大人しくなった。

ほら、最低限の知識がなければ、オカンにこの程度の反論さえできないじゃない。どんな立派な理想論を掲げていても、知識や経験がなければただの妄想だよ。

☆  ☆  ☆

市川崑監督追悼企画で「犬神家の一族」2006年版を放映していた。

子どもたちが大好きな某ゲーム由来ホラーの元祖みたいな横溝ワールドで、息子もパロディなどで断片的に知っているので意外と楽しんで見ていた。

「ほら、昭和22年、のテロップだけでどういう時代なのかがわかるのも、多少は歴史を学んだからだよ~。なんで金田一が『国破れて山河あり』というのか、旅館に米を渡すのか、そういうところもしっかり見ておくといいよ。え~と、わかりやすく言うと、『火垂るの墓』の2年後ね」

入り口はどこでもいいから、そういうことに興味をもってほしい。

一方娘は学校で「日出処の天子」を読んで、少しその時代の本を読み始めたそうだ。……違う方向に興味も持ちそうではあるが、それはそれで。

|

« バブイルの巨人でゲリュオンを倒した~装備と苦行がすべてです~ | トップページ | おかんと息子がドラゴンボールを見た~ »

コメント

>息子は記憶力に欠けるというわけではない。むしろ優れているほうだと思う。ただ、コツコツ勉強して覚えるのは嫌いなようだ。

これ、笑っちゃうくらいそうですね。
我が家のアスペボウズも

>暗記力だけを試験するの、意味ねえ

毎回、言ってます。漢字も英単も年号も、コツコツやるのは大嫌い。にもかかわらず記憶力はすぐれている…
数学なんか、難しい問題になればなるほど楽しそうなんですが。

学校の授業だけで、真面目に聞いてるはずの他の生徒よりも覚えてる。

今日アスペボウズの高校合格発表がありました。
ほとんど受験勉強などしなかったのに進学校合格決めました。
ホッと一安心の傍ら、また遅刻との戦いか? 不登校との戦いか?と、何処かで覚悟を決めてます。
本来息子には進学校より少人数のゆとりある教室の方が合うのではないかと思いますが、本人の希望です。仕方ない。また、一から頑張るぞ、というところですかね。
一歩先行く闇鍋奉行さんのブログで力貰います。

投稿: 葡萄 | 2008年2月19日 (火) 15時55分

ウーン、私ゃ明らかに息子さんと同様の気持ちでしたねえ。
>暗記ばっかりなんてほんと、意味ねえ
>小論文を書け のほうがいい
ただまあ、興味持った教科(歴史とか)を暗記するのは苦にならなかったし、興味ない科目(化学とか)も無理して勉強するいい子ちゃんだったんで、学校とトラブル無く卒業できましたけど。
でもやっぱり、「押し付けられる授業」より「考えさせられる授業」をやってくれる学校に行きたかったなぁ。

投稿: まーく | 2008年2月19日 (火) 21時07分

葡萄さん、ようこそ~!
進学校合格、おめでとうございます~!
アスペの良い生き方って、とりあえず学歴と教養身につけて波に乗る!(うちの父がそれでうまくやりました)か、こつこつ一般常識を身につけさせるか、いっそ芸術家、天才としてわが道を行かせるか……じゃないかと思います。
私はそういう父に反発したばかりに学歴も資格も身につけず、ただの無能な「変人」になってしまった反省から、「やっぱり息子には学歴でなんとか生きる道を!」と思っていたのに失敗して……今、変わり者ながら常識を身につけ、意外と使える人材に育てたいなと思っているところです。
それにしても、ほかの方も、そうなんですね……なまじ記憶力や理解力が良いから、周囲よりも高いレベルを求めてしまう。今の「ゆとり教育」はアスペの子には向いてないのだと思います。おまけに学力よりも、コミュニケーション能力やリーダーシップを評価される……アスペ受難の時代です……。

投稿: 闇鍋奉行 | 2008年2月19日 (火) 22時20分

まーくさん、ようこそ~!
やはり「興味を持つ」ことですよね。ちょっと興味を持てば絶対できちゃうだろうなと思うんですけど……。私も、ミーハーにも漫画や小説などでの「興味」だけで中学高校の定期テストくらいはラクにいけてたし、今思えば、こんなことで褒めてもらえるあの頃、なんて良かったんだ、勉強だけする身分になりたいよぉ!……なわけですが、今は「点をとる」ことにとらわれず、新聞やニュースや本や漫画やアニメやゲームから得るものを自由に考えられるんで、幸せです。最近ちょっと日記に書いた、某理科の先生ですが、この方もやはり多くのアスペの子の指導にあたり、またそうでない子に向けても「考えさせる授業」をしているんです。この人の授業、小さい子ども向けだけど本当に今の私にとってもおもしろいです。世の中全部、こういう先生だったらなあ~なんて思いますよ。

投稿: 闇鍋奉行 | 2008年2月19日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バブイルの巨人でゲリュオンを倒した~装備と苦行がすべてです~ | トップページ | おかんと息子がドラゴンボールを見た~ »