« がむしゃらに「営業」した日~ある毛虫の悲劇~ | トップページ | 街の中で「息子」を見た »

2008年6月 8日 (日)

今日は楽しい日記を書く気がしない

秋葉原で恐ろしい事件があって、言葉を失っている。

とりあえず、息子も娘も家にいて、それだけは神様に感謝しなくてはいけないと思う。

息子の学校の歴史の先生だが、黒板に

「アリー マントワネット」と書くそうだ。

ありえねー誰だよそれーと嘆く息子に

「落ち着け。よくみたら

アリー マソトクネット ということはないか?」

と慰めた。

|

« がむしゃらに「営業」した日~ある毛虫の悲劇~ | トップページ | 街の中で「息子」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がむしゃらに「営業」した日~ある毛虫の悲劇~ | トップページ | 街の中で「息子」を見た »