« なぜ日本人は奇数が好きなんだろう | トップページ | 海街Diaryにはまりまくり »

2008年10月24日 (金)

「故障」のおもひで

息子自慢のガンダム携帯の調子が悪く、修理に出すことを勧めてみた。

「ムリだよ、俺一日だって手放せねえ」
「代替品を貸してもらえると思うから、一応相談してきたら?」

息子、早速ショップに行き、「代替品貸してもらえた(*´Д`)」と喜んで帰ってきた…が。

昨日、「代替品が壊れた…」と泥のように落ち込んでいた。「弁償、37000円とられる……」

どうやら、水濡れであるらしい。息子はちゃんと扱っていたというのだけど。息子は完全にパニックを起こし、37000円、貯金をおろしてきて、とか騒いでいる。まあ落ち着け、ちゃんと扱っていたと言うのなら、すぐ37000円よこせ、なんて方向に行くかどうかもわからない。とにかくショップに相談しなさい、と。

どうも私の言い方が悪かったのか、息子がキレた。そんなことでキレられても、とぞんざいに扱ったのがまた気に入らなかったらしく、私が酒を飲んで上機嫌でネットを見ていたのにもむかついたらしい。…あら、今日は珍しく早く寝たのね、と私は安心していたが、息子としては不貞寝しながらも、不安と怒りで眠れなかった…ようだ。

朝、いつものように起こしたが、やっぱりなかなか起きない。頬を叩き、わきをくすぐり、大声をかけ…ぎりぎりの時間になって、ようやく返事をしたので家を飛び出したのだが。

夕方私の携帯が鳴った。会社の中で「ビッグブリッヂの死闘」が流れるのは結構心臓に来る。慌てて廊下に出て会話。息子からだ。37000円はどうなったか、という。週末ではあるが、それより私はショップで確認することのほうが先だと思った。本当に自分に落ち度が無いと思うのなら、何もすごすご37000円も持って行くことは無い。代替品に問題があるのかもしれないし、そうでないかもしれない。が、話し合いの上でどうにでもなるかもしれないではないか。

ああ、娘の出産の時を思い出した。入院した産婦人科は、その頃現れたゴーカな産婦人科に気圧されてか、実に静かであった。2人部屋を選んだが、1週間「個室」でいられた。おかげで部屋のテレビも独占、しばしの一人暮らしを楽しんだのだった。

が、いよいよ退院というときになって、テレビのリモコンをテーブルから落とした。拾って使うと、………壊れている。うんともすんとも言わない。ちょうどお掃除にきた方に「これ使えないんですけど…」というと、「ああ、よく皆さんよく、壊されるんですよ~こちらは弁償していただくことになりますねえ~」はあ、そうですか…仕方が無いなあ…

入院費、分娩代、えな処理代(でも、胎盤+臍帯売ってるみたいだったけど?)、冷房費に、リモコン代が追加請求された。

テレビリモコン代 8000円。

え~リモコンって高いのね~と思いつつ払ったが…あとで、「テレビのリモコンなんて、3000円くらいでも余裕じゃないか!」と知った。大体、一度テーブルから落ちたくらいで壊れる物か????これまでも壊れているのなら、ヒモをつけるとか対策しておけばいいのに???? なんかこれって仕組まれてたんじゃないの??????

この産婦人科病院、このあとすぐに潰れてしまったので真相は闇の中である…

疑っては悪いが、なんたってたったの1年半で、使い物にならなくなった商品を売ったメーカーだ。修理にきたところでやわな代替品を貸してそっちの代金もとれてウマー…なんてことだって考えなくてはいけない。

うがちすぎ?……いや、ホント世の中いろいろあるから! どっかの大臣を擁護するわけじゃないけど、世界一「やかましい」消費者がいるおかげで、かつて日本企業は躍進したわけだから!

「今日俺、学校休んだから」

は? 何時に起きたの

「9時15分だよ(`Д)」

じゃあ、それからでも行けばよかったじゃないの。

「ふざけんな! 誰もいない学校に行ってどうすんだよ!」

え? どうも今日は、郊外学習みたいなものだったらしい。知らんがな。え?言った?……昨日?酔っ払ってて覚えてないけど、そういえばそんなこと言ってたっけ?でも、ママ起こしたし

「俺が眠れなかったのは、あんたのせいだからな!」

はあ? それもママのせい??? ママ、ちゃんと起こしたし。ていうか、そんな大事な日なら余計に自分で起きなさいよ! ママだって、あんた起こすのにすっごいエネルギー使ってるのよ!  で、今日学校に行って無いなら、ショップに行けばいいのに!土曜はバイトだとか、知るか!

「…これから行くところだよ…」

別に、すぐお金を持っていかなきゃいけないこともないから、とにかくショップに行って相談しな。高校生相手に37000円、耳をそろえて払わなくてはお話を聞きません、なんてこと、あるかいな。持ち合わせが無ければ後日ということもあるだろうし。埒が明かなきゃ、ママが乗り込むから。

で、息子が帰ってきた。「代替品の修理代、5000円だって~(ノ∀`)俺払ってきた」……まあ、良かったじゃないか。37000円が5000円。メーカー修理に出したガンダムちゃんも、順調に行けば日曜には元気になってかえって来るようだし。息子、一転して上機嫌。なんだかんだ言っても、社会経験の乏しい子どもだ。

……まだ、37000円とびびらせて、5000円払わせる、というのも疑っちゃうけど。

電話を終えてにこやかに社内に帰ると、「……闇鍋さん、廊下って声が響くのよ…」とご助言をいただいた。息子との怒号まじりのやり取り、丸聞こえだったらしい。おほほほ。また、恥さらし。

|

« なぜ日本人は奇数が好きなんだろう | トップページ | 海街Diaryにはまりまくり »

コメント

はじめまして。
わりとディープな内容を、明るくユーモアにくるんで語られているので不謹慎ながらも笑ってしまいます。

「ビックブリッヂの死闘」の着メロ、なんちゅうか、まさに!という曲ですね。面白いです。

これからも面白い文章を宜しく御願い致します。

投稿: ゲームすき | 2008年10月28日 (火) 16時43分

ゲームすきさん、ようこそ~!

普段携帯で着信することがなく、着信音が聞こえても出るのに間に合わないので、FF7の「闘う者たち」とかこの曲とか、がんばれ~いそげ~みたいな曲調のものにしています。

先日は、営業で訪れた先で「ビッグブリッヂ」が高らかに鳴ってしまい、焦りました……

まあ、もしもFF仲間がそこにいたら会話も弾むんでしょうが……

投稿: 闇鍋奉行 | 2008年10月28日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ日本人は奇数が好きなんだろう | トップページ | 海街Diaryにはまりまくり »