« ぼうしねこキター! | トップページ | 久々にルッソと対面 »

2009年11月18日 (水)

週刊文春が告発!~今東宮はどうなっているのか~

今週の週刊文春に、刺激的な記事が載った。

告発スクープ 宮内庁が「報道自粛」を要請

皇太子、中国 国家副主席 夫人が危険な「お忍びオペラ鑑賞」

「人民解放軍歌舞団」の日本公演になぜ皇太子が

私は、天皇の地位が能力や素養によるものではなく、血統だけであることに全く疑問を持たない。だから長年、容姿などをあげつらって現皇太子である徳仁殿下を蔑むような人には眉をひそめてきた。…たしかに特定の芸能人の名をあげて特別な計らいをしたり、特定のブランドショップをたとえに使ったりと、いささか軽々しいところはおありだったが、おっとりと気品ある方で、いずれは素晴らしい天子様になられることと、期待していた。

しかし、今は完全に、このお方が即位されることは大変危険なことなのではないかと危惧されてならない。

記事は、「なぜ止められなかったのか」と宮内庁に苦言を呈する形で締められていたが、これは皇族を直接批判することを避けたためだろう。多少なりとも皇室に関心を持ち、週刊誌を斜め読み程度でも読んでいれば、とうに東宮が宮内庁や両陛下の意向に沿うことなく暴走していることは理解できる。

これまで両陛下が決してなさらなかった海外への私的なご訪問、皇室のしきたりを無視した数々の行為。

皇太子殿下は、あのカルト教団の広告塔まで務めたことがあるのだ。

東宮職には、殿下に諫言できる人物はほぼいないといわれる。正しくは、殿下は今の東宮職の操り人形だろう。そして東宮職を務める人物の多くは、雅子妃とその父小和田恒氏の意向に沿う人物たち。彼らが、殿下を動かしているのだ。

今年殿下は二度海外に行かれたが、これもどうにも怪しい。通常の「皇太子」としての務めでなく、利用された、と私は感じている。

いずれ殿下が即位遊ばしたら、この一団が「宮内庁」を完全に手中に収めることになる。「天皇」を手にした彼らがいったい何をするのかと、考えると恐ろしい。

昨年ヤフオクで皇室ゆかりの品が大量に出品されたことが大きな話題になった。出品物から怪しまれたのは皇太子ご夫妻と小和田家の人々。

まさかそんな、バカなことが。こんなの皇室の名を騙った詐欺事件だろう、と笑えるくらい荒唐無稽な話だが、詐欺事件であればもうとっくにその一団は逮捕されているだろう。疑われた小和田家は、これを記事にした週刊新潮に抗議してもいい。疑いを晴らすため、「徹底的な調査を!」と警察やYAHOO!に求めてもいいはずだ。

…が、1年経っても何も動かない。…誰にも手が出せない相手が、首謀者だったということか、としか思えない。

それにしても、私が1年眺めてきた宮内庁HPだが、こんなご動静が載ることなくとおってきたということは、実態はもっとひどいのか、と疑わしく思えてきた。

療養中の雅子さまはほぼ白紙、皇太子殿下とてすっかすかのご動静だが、本当はアクティブに「会ってはいけない人物」と会い、「してはいけないこと」に奔走しておられるのではないか……

|

« ぼうしねこキター! | トップページ | 久々にルッソと対面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼうしねこキター! | トップページ | 久々にルッソと対面 »