« 大人のFF | トップページ | イブはイケメンと一晩 »

2009年12月24日 (木)

ようやくチュートリアル終了か?息子とボス実況

涙、涙の物語を経て、第9章の大ボスと対戦。…が全然勝てないw

FF13やりもしないでけなしまくりの息子がふらりとやってきたので、見せてやった。すでにボスは第二形態になっている。

「俺、このデザイン好きだなあ」
「そう?最初の形態のほうがすごいよ。なんか、ハガレンを思い出すような感じで」

…で、またも死の宣告であと1ミリほどのゲージを残してライトニングさんが倒れたので、武器やアクセサリを改造しなおしてもう一度挑む。

以下、ネタバレを含むので注意↓

「…これはローマh…w」
「しーっwそれは言ってはww」
「いや、これはもう、ほら降りてくるところなんかもうw」

ネタバレ→FF13の大ボスは「ムダヅモ無き改革」2巻のパクリ

「そういえば26日に3巻出るらしいよ」
「…出るんだ…出せるんだ…w」
「うん、天皇陛下とか大作さんとか出さない限りはまだ大丈夫なんじゃないかなw」

そうこうするうちにボスが登場。ほれ、歌ってるしw
「たしかにこれはハガレンっぽいなあ…w」

そう言いながら息子は、このキモ神々しいデザイン、攻撃にちょっとにこにこ。頬が染まり、興奮してるようだ。
「ちょw バカ(スノウ)頑丈ww」
「うん、リジェネガードしてるし、彼の体力はすごいよ。FF長年やってきたけど、彼ほど防御のすごさを感じさせるキャラもないかも。また、金魚のフン(ホープ)君とのシナリオが泣けてさあ」
「そんなの普通じゃん」
「いや、やらないとわからないよw13、かなりバトルの奥が深い」
「あ、何あれ死の宣告?」
「これにやられるんだー」
「主人公に死の宣告とかありえねえ!」
「いや、召喚獣戦は全部死の宣告付き。時間内に相手のゲージを溜めさせるという、ちょっと変わったバトルになってスリル満点」
「なんじゃそりゃあ」

このボスには、ライトニング、スノウ、ホープの3人で挑戦。全員瀕死になったら「フェニックス」で一気に回復を目指し、すぐに総攻撃、で進める。ラストのほうは回復よりも攻撃だあああ!とがんばり、4回目くらいでようやく倒せた。

「…ちょっとFF13やってみたくなったかも」

息子よ、だからそう言っているだろう!w

新しい章に入り、全員のロールが解放された。ここからはキャラをどう育成するかもパーティ編成も自由。

…自由すぎて、かえって途方に暮れるくらいだ。「30時間チュートリアル」は間違っていない。

|

« 大人のFF | トップページ | イブはイケメンと一晩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人のFF | トップページ | イブはイケメンと一晩 »