« 因果はめぐる~娘帰宅 | トップページ | エリクサーを買ってしまった »

2009年12月 7日 (月)

困る……

家出娘に関して、一番気になるのは「どこにいたのか」である。

一応娘が行きそうなネカフェなどには問い合わせたし、ネット関係か?塾関係か?などと考えた。
「学校の友達は?」と親や警察に言われたが「それはありえない」と私は思った。

女子中学生が親に内緒で泊まり込んでいて、平気な親が学校にいるとは思わなかったからだ。

が、同じ学校の子のところだった。゚(゚^ヮ^゚)゜。アハハハハハ

あまり詳しくは書けないが、外国人のお母さんと、ちょっと変わったお父さんのところだったのを記憶している。

で、このお父さんは「親にちゃんと『家出する』と言えば、家出していい」という考えで、他にもそういう子を受け入れ、泊まらせているそうだ。

「…へ…?」息子もそれを聞いて頭をひねった。

たしかに中学生くらいの頃は家出するの死んでやるのというのはよくあることで、その子の頭が冷えるまで預かってやるよ、という近所のおばちゃん、というのもよくある話だ。なお、私の家出初体験は、小学校の頃、社宅の斜め上のお宅だった。泣きながら友達の家に飛び込んだのが午後4時頃。「今日は泊っていいよ」とおばさんに言われ、お菓子をいただきながら、友達と遊んだ。で、帰ったのが午後6時ごろじゃなかったか?

それでも小さな冒険は満足するものだ。ちょっとした反抗、ちょっとだけ育つ独立心。そしてちょっとだけ思い出すお母さんの記憶。

「…それでも、親にはこっそり言うよなあ」

奥さん聞きまして? うちの超フリーダム息子が、すっごくまともなことを言った!

そうなんだ、そういう子が転がり込んだとして、大人としてはいろいろ対応があるだろう。
「お母さんも、あなたのことを思っているのよ。心配させないで、早くおかえりなさい」と促すこともあるだろう。私はこれだ。面倒だから。
「そう、わかったわ。うちの子になっちゃいなさい!」
と温かく受け入れ、そっと「うちでお預かりしてますのでご安心を」と親に知らせてくれる素敵ママもいるだろう。というか、そういうことを親同士で連携できてないといけないと思う。

たとえば、私は今回警察に届け出たが、善意でうちの娘を預かった人が、場合によっては未成年者略取の容疑で捕まるということもあり得るわけだ。昔ならいざ知らず、道を行く子供に「おはよう」と声をかけただけで通報され、暗い道を歩く子に「早く帰りなさいよ」と声をかけただけで回覧板がまわるというご時世だ。私だって、娘が二晩もお世話になったことに感謝もするが、一方で「何で知らせてくれなかったか」とも思う。私は2日めには出社時ふらふらしていたし、結局会社にも迷惑をかけるはめになった。「訴えてやるーーーー!」とブチ切れてもおかしくはない。

…しかしまあ、落ち着こう。とにかく、お世話になったのだから、ご挨拶に伺わなくては。

すると娘は言う。「そのお父さん、ご挨拶とか堅苦しいのが大っきらいなんだって。嫌いってことをやるほうが問題だと思う」
「じゃあどうすれば」
「菓子折り渡すだけでよくね?」

…そ、それってかえって失礼では…?

|

« 因果はめぐる~娘帰宅 | トップページ | エリクサーを買ってしまった »

コメント

ご心配ご心労お察しします。
時々、拝見しております。
家出先の親を良い人のように子供たちは勘違いするものです。それは、申し訳ないが、大人として中学生の親としては非常識であると考えます。
良かれと思うのは、その人のみで、こちらの親の立場や気持ちは想定していません。
どれほど心配しているのかということ。ほとんどの人は、当然のように相手への思いやりから、きちんと伝えるものでしょう。
子供が親へは伝えてある・・といってもです。

この際、しっかり相手の親御さんへお世話になった御礼をして、警察や学校関係へ手配、及び職場関係へご迷惑をかけてしまったことはお伝えすべきかと思います。御礼も不要という親御さんらしいですが、お子さんの情報であり、会って伝えたほうがいいかな。お子さんが無断家出をして親へ迷惑をかけたと思えることが大事です。
これでいいのだとすれば、お母さんがこれほどまでに心配をしていたことに思いがはせられない。ことなんです。
お母さんが困っているようになにか変な感じです。伝えないと気が付かないかもしれませんよ。

親へ心配をかけて迷惑をかけたとお子さんが思える人かどうか、ですよね。親はこんなに心配して子供を愛しているんですよね。わかるかな~。


投稿: | 2009年12月 8日 (火) 17時55分

名無しさん、ようこそ~
おっしゃる通りです。あとは私がしっかりするかどうかですね…

投稿: 闇鍋奉行 | 2009年12月 8日 (火) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 因果はめぐる~娘帰宅 | トップページ | エリクサーを買ってしまった »