« 頑張り過ぎると言うこと | トップページ | 明るく行こう! »

2010年2月13日 (土)

娘が受験で失敗

特色受験というのに娘が失敗してしまった。

…まあ、やむを得ないかな…このところ、日記に書くのもはばかられるほどの荒れようだったし、それなりに優秀な子ではあったが、とにかくもう。

自分でも後悔することは多くある。「そんな頭じゃ…」明らかに手入れをしていない髪を、娘は束ねて出かけた。もちろん何度も受験前に床屋で切ってもらえと言ったのだが、聞かなかった。

円形脱毛症が、ひどかったのだ。

それを気にしていた部分もあったと思う。

せめて前髪だけでも、私が切ってやればよかった。

娘は結果を見てすぐに私に「orz」とメールをくれた。

そのあと、mixiにもその旨を書き、「しばらくPC断ちします」と宣言していた。

…人間、誰でも挫折という体験は必要で。

友人は「挫折は早ければ早いほどいいですね」と口癖のように言う。この人にも本当にいろいろな過去がある。

私は娘の宣言を読んで、心底娘を応援したくなった。最近の荒れっぷりはひどかったが、この経験はきっと、彼女にとって大切なものになるだろう。

今日は娘の好物を夕食に出してやろう。サーモンの刺身が大好きな娘に、DHAたっぷり海鮮丼をお見舞いしてやる。お小言は言うまい。彼女は十分、反省している。なあに、一般試験までに本来の自分を取り戻せるだろう。

「ただいま」
と帰宅した私が見たものは、元気にスカイプを楽しんでいる娘だった。

(゜Д゜)ハァ?

先日、私がぶち切れて、たっぷり時間をかけてアンインストールしたスカイプ。受験当日も深夜未明までネット遊びしていたことを、反省していたかと思えば!

こうなると、お小言もでる。
すると「あーアンタのせいでやる気なくなったー!もう勉強しねー!落ちたらアンタのせいー!」

(゜Д゜)ハァ?

まあ、ずっとこういう態度だったんで、だったら前髪も切ってやらんわ!という状態になったんだけど。

まあ、彼女が賭けているのは彼女自身の人生だし、なんかもう、知るか、親ができるのは受験料を出してやるくらいだぞ、と開き直る。

|

« 頑張り過ぎると言うこと | トップページ | 明るく行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張り過ぎると言うこと | トップページ | 明るく行こう! »