« もやしもん実写版あれっあのキャラは?? | トップページ | ファイナルファンタジーとファッション »

2010年2月22日 (月)

いつか思い出に変わるまで

特色受験でも、とくに「惜しい!」という子には学校側から理由などの連絡が来たらしい。

娘には無かったので、全然惜しくなかったのだろうと言うことになった
'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`) '`,、'`,、'`,、'`,、

だが、反省なくして明日はない。何が問題だったのかをいろいろ話し合ってみた。娘は言う。

「面接の時に、困ったことを訊かれてひるんだ」
……いつでもどこでも堂々としている娘が、何を問われて動揺したのか!
「中学校の思い出はなんですかって訊かれたけど、うち、中学の楽しい思い出って、ネットでの体験しかないよ。ロクな思い出がない。で、仕方なく修学旅行の話をしたんだけど…」

……不登校のお兄ちゃんならともかく、一応学校に行って、部活も、生徒会活動も、いろいろやってたんだから思い出がないってことはないだろう。

「合唱コンクールでは、クラスのまとめ役をやったんでしょう」
「ああそうそう、他の子たちは合唱コンクールをあげていた。でも全然まとまんなかったんだよっ'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`) '`,、'`,、'`,、'`,、 」
…私は息を吸った。

『合唱コンクールで、私はクラスのまとめ役をしました。でも、力不足でなかなかクラスをまとめられませんでした。この経験で人の心をつかむのは本当に難しいものだなと痛感しました。あの時は本当に辛かったけど、今ではいい思い出です』
「これで、いい感じにまとまるんじゃないの?」

娘はリーダータイプの性格で、幼いころからそれなりに重要なポストをいくつか任されていた。それをさりげなくアピールしつつ謙虚な態度で示せばいい。何も、成功や自慢話をする場ではないと思う。失敗だって、貴重な経験だ。

が、まだまだ娘にはそうは考えられないようで、学校では思い出なんかない、学校の外には沢山あるんだけど、という思いから抜けられないようだ。…まあ、私もそうだったしなあ…

「んで、修学旅行の話をしても、お寺とか食べ物とかしか言うことなくて」
「修学旅行でも、班リーダーだったんでしょ?」
「うん、リーダーだったんだけど、最悪の班で」

もう、娘の心のねじ曲がったことと言ったら…この子が生まれた瞬間から、スタイルは良いし賢いしはきはきして度胸もあるし、美人ではないとしてもとにかく愛嬌があって可愛いので「この子、本当に私の子????」というトンビが鷹を生んだような感覚を持っていたが、よかった、やっぱりこの子は私の子だ。

「とりあえず、次に同じ質問をされたとして、他の話題に逃げるのもなんだから、やっぱり修学旅行の話にする。清水寺のことでも調べておくよ」
という娘。う~ん…今って知識が豊富なことよりもコミュニケーション能力とかを重視されるんだし、お友達のこととかの方がいいと思うんだけどなあ…

『修学旅行で京都の清水寺に行きました。一人、舞台から飛び降りましたが今ではいい思い出です』
「ちょwwwwwwwww(´Д`)/」

冗談を言ったら、娘に突っ込みビンタをされた。

しかしなあ。

私などは娘とは比べ物にならないくらい暗い暗い少女時代を過ごしているのだが、

あの時いじめた級友も!

裏切った親友も!

恫喝した担任も!

セクハラした教師も!

私の人格のひずみを矯正し、成長させてくれた存在だ。全部全部

「今では良い思い出です」

こう言えるようになるまでが、辛いんだよね。

|

« もやしもん実写版あれっあのキャラは?? | トップページ | ファイナルファンタジーとファッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もやしもん実写版あれっあのキャラは?? | トップページ | ファイナルファンタジーとファッション »