« 愛子様まで不登校? | トップページ | 因果というのはあるかもしれない »

2010年3月 6日 (土)

愛子様の不登校の原因は?

不登校児の親として言わせていただければ、不登校の原因のほとんどが、その本人にあると思っている。

「きっかけ」はあるかもしれない。が、多くは社会生活を送るにあたって取るに足らないことだ。

例えば息子も、部活の先輩から注意をされた、親友だと思っていた子から誹謗され、クラスのほとんどがそれに同調した、という「きっかけ」があり、息子はそれを滔滔と述べ、自分に非はない、腐ったクラスに行くことはない、と訴えたが、私にはそれが自分の進路をせばめてしまうほどの理由とはさっぱり理解できなかった。

注意されればそれを聞けばいい、欠点を指摘されれば反省すればいい。誤解があるとすれば、それを解けばいいだけだ。誰だって嫌な思いをしたり、喧嘩をしたりという経験があるはずで、それを乗り越えていくことで成長する。

もしも私が「あの子のせいでうちの子が不登校になった!」と学校や相手側に圧力をかけたとしても、根本的な解決にはならなかったと思う。

問題解決能力やコミュニケーション能力が劣っており、また強いこだわりや自己に甘い解釈、妥協できない性格などがある限り、たとえその子を追い出し、部活を解散させ、クラスの子をつるしあげた所で、また同じことを繰り返すだけだ。就職して「うちの子に注意をした上司は誰? うちの子は繊細なので配慮してくれないと困りますっ」と怒鳴りこむまで続けるのかってことになってしまう。

学習院側の会見でも、結局具体的なことはわからないようで。
「乱暴な男子」のことだって、聞けば聞くほどどこにでもいる元気な男の子の、よくある光景にしか感じられない。「きっかけ」ですらないように思えてしまう。愛子様が何におびえたのかもわからないし、…それ以前から不登校気味だったようだし。

重い立場のご夫妻だからこそ、このような会見で騒ぎを起こすのはあってはならないことだ。愛子様の状態がひどいのには同情申し上げるが、それは誰のせいでもない。

常に誰かのせいにしないと気が済まないような性格の人には皇族は無理なんだと、改めて感じてしまった。

|

« 愛子様まで不登校? | トップページ | 因果というのはあるかもしれない »

コメント

あああ一日が愛子様情報収集で終わってしまった。
こうやって着実に鬼女の仲間入りをしていくのですね。

愛子様が障害を持っているかどうかは置いておいて、子供まで容赦なくネタにしるAER●もどうかと思います。

投稿: べぢ | 2010年3月 6日 (土) 17時41分

べじさんようこそ~!
こんな事件はまことに遺憾ですが、問題に触れ、真実を知る方が増えるきっかけになりそうですね。
AERA、誰が記事を書いてるんでしょうね…この記事自体東宮側が「仕掛けた」可能性もありますし、まだ読んでいないので何とも。ここに書く記者にも、いろいろいますから。
しかし、どういう記事が出たにせよ、東宮側があんな会見をしたのはおかしいです。まずすべきことはいじめを行ったように書かれてしまった子に対する気遣いです。その視点が、欠落している…愛子様を正当化するために、どんな犠牲が出てもいいのかと、怒りが収まりません。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年3月 6日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛子様まで不登校? | トップページ | 因果というのはあるかもしれない »