« 訂正とお詫び | トップページ | ティムはアリスに何を込めた? »

2010年5月15日 (土)

何をしても…と思う前に

毎週金曜は東宮大夫の定例会見で、何かと雅子様関連の話題が上ってしまう。

愛子様同伴登校でお忙しいorz雅子様が、久々に公務をされた。

http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/02/photo2/photo-20100512-892.html

…雅子様の公務ご参加については、されなければされないなりに、またされればされるなりにいろいろある。

この5月12日にユニセフの事務局長と御接見されたとのこと……普通に考えれば「雅子様、公務をされたんだね、よかったね」であるが、多少皇室に関心を持つ人間には、驚き呆れる話題であった。

同日は「全国赤十字大会」が行われていた。

この日本赤十字社と皇族の関係は深く、昭憲皇太后から美智子皇后まで代々の皇后が名誉総裁を務め、この日も紀子様、華子様、久子様が名誉副総裁としてご出席されていた。

同じく名誉副総裁であり、未来の名誉総裁になられるはずの雅子様のお姿は無かった。

もう何年も、雅子妃がこの大会にお出になることはない。表向きは体調のためとかなんとかで、この最優先されるべき行事へのお出ましが無いのであるが……

雅子妃は、3月から、不登校状態の愛子様に付き添い、教室に入って参観し、休み時間にもついてまわり、給食にまで…という状態。

………普通、母親はここまでしない……

しちゃいけない…

それも我が子を思う雅子様の思し召しであろうと10000歩譲るとするが、「体調」を理由に欠席を続けている公務の相手はどのような気持だろうか。

普通の家庭なら、まだ仕方がない。子どもを見てやるのは母親だけ、と。

でも、SPもいるし、専任の養育係が少なくとも3人いる。
それにもともと、高貴な方々は母親が自ら育児に奔走することはないもの。他にお役目がいくらもあるし、お子様を甘やかさないためにも、乳人やふ育官に任せるのが本当だ。母親としての盲愛などにかかずらっていて、公務を蔑にすることなどあってはならないのだが…

そういうことを繰り返し、未来の総裁としては外してはならない赤十字大会を当然のように欠席。

同じ日に、ユニセフの事務局長と会うって。

なお、雅子妃の母親・小和田優美子氏は日本ユニセフの役員に名を連ねており、こえまでも雅子様は赤十字には出なくてもユニセフにはお出になるということが多かった。

入内から17年、まだまだ雅子様は、小和田雅子さんなのだろう。

|

« 訂正とお詫び | トップページ | ティムはアリスに何を込めた? »

コメント

 おはようございます。

 雅子妃、体調云々というよりも「自分の好きな仕事しかなさらない方」という印象が強いですね。

 一般の社会人でも、自分の好きな仕事しかしない社員がいれば周囲から総スカンをくらい、最終的には職場にいられなくなることと思います。周囲の方々の模範となるべく皇太子妃殿下がこのような行為を平気でなさっているということに呆れています。

 愛子様の学校について行ってらっしゃるのも、結局「それが自分のしたいことだから」であって、愛子さまの学校でのお立場やお気持ち、周囲に与える影響などまるっきり無視されているのだと思います。

 日本全国で、色々な問題を抱えている小学生は沢山いると思いますが、一体その中の何人が「途中で学校に行き、途中で学校から帰る。学校にいる間は母親がつきっきり」などという状態でいるでしょうか?

 少なくとも、私が小学校に通っている時はそのような子供は一人もいませんでしたし、子供たちを小学校に通わせている間もそんな児童は一人もいませんでした。

 一緒に学校について行って、わが子を守ってあげたいと思っているお母様は沢山いらっしゃると思います。でも実行はなさいません。それが子供のためにはならないということは明白ですから。

 雅子さまのご実家の方々も何も仰らないのでしょうか。ディズニーランドやスキーに同伴するだけでなく、もっと他になさるべきことがあると思います。

投稿: マロン | 2010年5月15日 (土) 06時31分

マロンさんようこそ~!
本当に、自分の感情や個人的な損得過剰でだけ、行動されるんですよね……公人なのに。
自分の子の学校に何度か行きましたが、不登校の子と一緒に、少し遅れて(皆と顔を会わせたくないようで)校門をくぐる児童生徒は、何度か見かけました。自分の子が不登校になった時はフルタイムの仕事なのでそうそうついていてやることもできず、出社ぎりぎりまで起きるように促していたのですが、うちにゆとりがあれば、毎日校門まで送ってやるくらいはしたかったです。
雅子妃ご自身が好きなことだけやる、嫌いなことはしない、自分のペースに周囲が合わせれば良い、というような活動をされているので、愛子様に我慢や規則正しい生活の大切さを教えるのは難しいでしょうね。
雅子妃が与えられる公務を粛々と行い、愛子様の問題は他の方にお任せした方がよいと思います…

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年5月16日 (日) 11時39分

 皇太子殿下が「愛子には他の子供たちと同じように接してください。」と学習院側に依頼したことがあったようですが、実際はまるで逆ですよね・・・。

 愛子さまは生まれながらの皇族なのですから、他の児童と全く同じような扱いをするのは無理だと思いますが、今の状況を拝見していると、特別にしてもらう必要のないところにまで特別扱いを要求しているような気がします。

 周囲の方は誰もアドバイスなさらないのでしょうか?それとも、聞く耳を持たれないのでしょうか。

 小学生の1年間は、大人の数年と同じくらい重要だと思います。周囲の大人のせいで、貴重な時間を無駄に過ごして欲しくないですね。

投稿: マロン | 2010年5月16日 (日) 17時06分

マロンさんようこそ~!
どうも、「特別」の意味が違ったのかな、という状態ですよね。これまで報道されてきた「愛子様シフト」自体が奇妙なもので、あれでは愛子様にも他の子にもよくないだろうと思っていたら、案の定の学級崩壊、そして、そこまでやっても不登校へ。
一日一日が貴重な小学生が、未だに「愛子様の不登校の原因」のように報道され、責め立てるような皇太子妃の視線を感じながら毎日を過ごしているかと思うと可哀想でなりません。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年5月16日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訂正とお詫び | トップページ | ティムはアリスに何を込めた? »