« 今敏監督は神になってしまったのか | トップページ | おまわりさんキター! »

2010年8月27日 (金)

スイカ割りってなんだろう?

今週も東宮家関係の話題が豊富な各週刊誌。

ちょっと、東宮家には涼しくなるような記事が多かったのが印象的だった。
まあ、愛子様が喧伝通り聡明でおしゃまな健常児ならば、もう少し皇族としてのおふるまいや国民との触れ合い方をきちんと教えて差し上げていただきたいところ。このままでは御本人のためにもならないし。

皇太子妃となれば、お召し物や持ち物ひとつも国内外から注目されるものだから…これまで10年以上、暖かく見守ってきたとしても、そろそろ限界が来ているだろう。
どうして、こうも皇太子妃としてはありえない選択をなさるのだろうか?

そして、東宮御所での「夏祭り」である。

御所というところは特別な場所であって、本当に許された身分の人しか入れない場所だ。その垣根をはらって、戦後皇居奉仕団の人々が入場し、庭の手入れなどをして、図らずも天皇皇后などの御挨拶に預かったというのは、善意ある人々と皇室の絆を深める結果になったが、それについても大きく門戸を広げているからこそ、そういえるのだ。

「乱暴男児のいじめにより」不登校の愛子様。

その愛子様のおなぐさめのために、今年の夏は一体いくら使われたんだろうか…ヘリは飛ぶ、巡視船は走る、ドタキャンドタ出、貸切当然、と御用邸周辺のレジャー施設を蹂躙。しかも、お気に入りのお友達を伴い、そこのけそこのけの特権待遇を体験させてあげるという状態だ。

なお、那須の御用邸に、「一般人」のお友達が招かれて食事などを楽しんだ同じ日、皇位継承者を2人有する秋篠宮家もお寄りになり、供奉員…つまりお付きの職員用の建物にお泊りになったという。

これもまた、ヘンな話だ。

で、問題の「夏祭り」は12日に行われたという。

呼ばれた客は30人ほど。それに専門の業者らが入り、もんじゃや焼き鳥の屋台が並び、キックボードやスイカ割りが行われ、宴は夜10時過ぎまで続いたという……

小学校3年生の子どもらを招いて、そんな遅くまで。
酒池肉林…というにはいささか微妙なチープさではあるが、愛子様のお友達の御機嫌取りに催されたという。

なかでも異様さを感じたのは、「スイカ割り」だ。mixiに書いた人の書き込みからもその異様さがちょっと感じられたが、真っ暗闇のなかでそれは行われたようである。

…スイカ割り。

私の子どもの頃、よく漫画などでは見たが、私は体験が無い。
「やってみたいー」と親にねだった覚えもあるが、まったく相手にされなかった。

関わったのは、自分が親になってから。子どもの幼稚園行事の手伝いに出たときだ。

1クラスに一個、スイカが用意され、子どもたちはそれを叩く。
子どもたちが「失敗」しないようにいろいろ配慮がなされており、みな小さな手でスイカを叩く。
1クラスの子どもたちが叩く頃には、スイカは粉々。
私たちママの仕事は、それをゴミ袋に入れて処分することと、きれいなスイカを切り分けて、子どもたちにふるまうということだった。

ぐちゃぐちゃに叩かれるスイカ。

立派なのに、夏の暑さを一番解消してくれる、最高の食べ物なのに。

遊興の道具になって、一口も食べられずに捨てられていく。

幼児たちはその様子を眺めながら、キレイなスイカをほおばる。

……今思い出しても吐き気がする。
わが国では、ほんの数十年ほど前、このスイカ一切れを食べることができず死んでいった子どもたちもいたのに。

あのときの子どもたち、楽しかったんだろうか。何を学んだんだろうか。

東宮御所では、そんな愚行は行われていない…と信じたいのだが、御所の庭にはスイカの破片が散乱していたというし、あまりほのぼのとした様子が感じられない。

暗闇の中、食べる気の無いスイカを割ってけたたましい笑い声をあげる人々。

…どうしてもそんな様子しか思い浮かばない。なにその黒ミサ。

…これで、愛子様の不登校が治るというんだろうか…

|

« 今敏監督は神になってしまったのか | トップページ | おまわりさんキター! »

コメント

私も「スイカ割り」を体験した事はありません。

例年、出荷できない=中が白いスイカと、美味しく食べられるスイカが提供されている様です。

投稿: pyon | 2010年8月27日 (金) 13時10分

20数年前にスイカ割りはしましたけど子どもたちでカケラまで美味しくいただきましたよ。

東宮家と秋篠宮家は本当に仲が悪いって事がこれでわかりました。
同じ御用邸にいるのに一緒にならないなんて...
悠仁さまが産まれた時に皇位継承者の誕生ではなくてあくまで愛子さまのいとことして呼称したことや紀子さまご解任のときにコマツナを食べたことをわざわざ報道した、というのを聞いたときにはちょっと気がまわらないだけなのかなと思いましたがこれで故意だということがよくわかりました。

投稿: べぢ | 2010年8月27日 (金) 19時13分

pyonさん、ようこそ~!
ほう、最近はそういうこともできるんですか!
割る専用スイカもあると。
…けれど、東宮家でそんな配慮ができたとは思えないんですよね…スイカ、赤かったようだし…
せめて、献上品とか「東宮御所がお買い上げ♪」と売った側が喜んでいるような、丹精込めて作ったスイカじゃなければいいなあと思うばかりです。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年8月27日 (金) 20時33分

べぢさんようこそ~!
仲が悪い…というか、いろいろ相容れないものがあるのだと思います。
同じ敷地内とは言っても、広い御用地で、昨年まではかなり近かったですが、今はずいぶん離れていますし…それは、距離だけでなく、目指す方向も違うでしょう。
この「夏祭り」、皇室にふさわしくないばかりか、一般家庭の世界でもちょっと…下品なものを感じます。
金や権力にあかせての子どもたちの懐柔。
深夜まで続く嬌声。
どれも、秋篠宮家の方々には見せたくも無いものです。とくに、悠仁殿下には。
皇室の方々には、そんな縁日ごっこではなく、本物の祭祀を司っていただくわけです。稲を育て、蚕を育み、五穀豊穣を願う方々に、スイカの破片を撒き散らしながら食べ物を粗末に扱うという遊興に耽っていただきたくありません。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年8月27日 (金) 20時44分

初めてコメントさせていただきます。
皇室について…
いつも胸のすく思いで拝見してます。
本当に雅子さまが上がられてから、皇室がどんどん俗っぽくなっていきますね。
三ツ星レストラン、ブランド品、屋台、やりがい等々。日本人の故郷、最後の心の砦が、一人の女性のために、こんなに脆く崩れてしまうなんて。こうなると、社会的訓練を受けてないので庶民よりたちが悪いですね。
諫言する方はいないのでしょうか?

投稿: ちあき | 2010年8月27日 (金) 21時35分

 厳しい言い方かもしれませんが・・・

 一般人でありながら那須の御用邸に遊びに行き、結果的に秋篠宮ご一家を職員用の施設に追いやった親子・・・一体何様のおつもりでしょうか?

 後からそのことを知らされて真っ青になられた、というところでしょうかね。

 愛子様、別に学校に通われなくても構わないのではないですか?将来就職の心配があるわけじゃないですし。

 こんな下らないことにお金を使える程、今の日本は財政的なゆとりはない筈なのですが。

投稿: マロン | 2010年8月27日 (金) 21時57分

ちあきさん、ようこそ~!
「天皇」というのも不変ではないし、今上の代になって大きく変わったこともありますが…雅子様が入られてからの変化は、まるで方向性が違いますよね…そう、俗っぽいのです。親しみがもてるというものでなく、地に堕ちるという。
諫言したら追い出される、ということですし、おかげでのびのびと恥ずかしい行状を晒しておられる…と。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年8月28日 (土) 14時55分

マロンさん、ようこそ~!
もともと宮家はそういうものだそうだそうですし、一般人のせいで締め出されたわけでもないのですが、皇室のことを少しでも知っていれば恐れ多くて御用邸になど伺えませんよね。ただの金持ちの別荘とは違うのですから。
御用邸招待の話は7月に週刊誌に出ていて、その段階で何か言われなかったのかなとも思いますが…。
たった30人のもてなしに屋台をいくつも並べて…国民の生活から考えてもありえない話ですし、東宮家としてもそんな余裕は無いはずなんですけれど。
愛子様の御地赤も新潮なさらないのでつんつるてんだし、スウェーデンでの皇太子殿下のお召し物は、やっぱりよれよれの仕立ての悪いものでした。雅子様のファッションも毎度微妙……
内廷費は、皇族方の品位を保つためにあるのですから、そういうことにこそたっぷりお使いいただきたい。品位を落とすことに使ってどうするんでしょうね。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年8月28日 (土) 15時01分

 皇太子ご一家が遊んでばかりいらっしゃるのは、愛子様のため、というような報道がなされていますが、時々お見かけする愛子様が何時もつまらなさそうな表情でいらっしゃるのが気がかりです。

 「愛子様の不登校問題を解消するために」須崎に行き、那須に行き、夏祭りを開催し・・・これで新学期からやはり学校に通えなかったら、どうなさるおつもりなんでしょうかね、ご両親は。

 悠仁様の夏休みは、朝の8時半にいらした博物館と陛下についていらした山登りの報道だけでしたが、皇室のお子様らしい夏休みの過ごし方にほっとしました。

 訪れる先々の施設を貸し切りにして、他の人に迷惑をかける東宮家とは大違いですね。

投稿: マロン | 2010年8月29日 (日) 08時47分

マロンさんようこそ~!
そうなんですよね…愛子様はいつも不機嫌そう…
ちょっとお出かけになるにも大勢の人が動き、お金もかかり、迎える側も相当準備して楽しみにお迎えするのに、そういうことも御存じないのでしょうが…
で、この豪遊療法で果たして不登校は解決するのか??私も気になります。仕事辞めて貯金はたいて旅行のはしごをすれば、あるいは何人かの友達を買収してあげれば子どもに笑顔が戻るのか???

悠仁殿下のかはく、あんな近くでも本当に楽しそうにしていらして、失礼ながらあちこちお出かけなのに憮然とした愛子様と、どちらがお幸せなのかと思いました。山登りもいいですね。古代の天皇は、あのように高いところに上られて「国見」をしたといいますが、3代の天皇が揃ってされたのだと思うと感慨深いです。
東宮御一家の貸切豪遊、ドタキャンドタ出もあるし、ツイッターでも不満がつぶやかれるし…どうしてこう、嫌がられるようなことを何年もお続けなんでしょう。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年8月29日 (日) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今敏監督は神になってしまったのか | トップページ | おまわりさんキター! »