« テレプシコーラ最終回~舞姫たちの舞はどこに~ | トップページ | 田中一村「新たなる全貌」展に行ってきました! »

2010年9月12日 (日)

無題

うーん…

これまでI子様には自分や息子と同じようなものを感じ、あれこれ書いてきたけれど…

それどころじゃないのかもしれないなあ…と思えてきた。

先週、複数の週刊誌が、ご静養中のI子様に寄り添う少年を報じた。のび太君似のボーイフレンド? でこども侍従などと囃されている。

I子様は人目もはばからず、こののび太君と手をつなぎ、時には抱きつくなどなんというか…熱愛報道状態…。

幼稚園くらいなら微笑ましいかもしれないが3年生で、身長が140センチくらいの少年少女がそれって…

以前から、I子様には好き嫌いが激しく、気に入った子に執着する、と報道されてきたけれど、なんとなく私はそれを女の子と想像していた。それが、根本的に違っていたのかもしれない。男の子に、執着していたのか。

3月のいじめ会見直後、女性自身が報じた記事によると

・給食前、早退しようとしたI子様がM子様と一緒に玄関口にいたところ、乱暴男児A君にぶつかりそうになり、A君は「痛いんだよ、お前!」と暴言を吐き、足で蹴るようなしぐさをした

とのことだが、その現場は玄関ではなく廊下で、I子様は上履きでなく、靴だったという。

走っていたのは、誰だったのか。

乱暴男児A君が廊下を走ったのが怖くて…どころか、I子様がお気に入りのA君を見つけて突進したのではないか。

A君は、もともとI子様と仲良しだったという記事もたしかにあった。
それが暴言…いや、I子様の執着に辟易し、反撃したその瞬間を目撃した「保護者」(…その場に居合わせる保護者は、一人しかいないのだが)が週刊誌に暴露、「愛子様を足蹴に」という記事になったのでは。

また、乱暴男児A君を身長140センチの大柄な子で…などと書きたてた友納女史が、しばらくして「実はいじめたのはA君ではなくB君だった」という記事を出した。
以前に書いたように、友納尚子氏は、東宮御所の内部や飛行機の中など、M子様しか知りえないようなことを、まるで見てきたように描写することで注目されるジャーナリストだ。東宮大夫の野村氏は「会った事もない」と言いながら、決して東宮として抗議もないという、本当に不思議な人である。

このとき、A君と何らかの和解か譲歩があったのではないか、と思う。

代わりのスケープゴートとしてB君が出された。I子様の日記によると…と記事中で語る「保護者」って……やっぱりあの方しかありえないと思うのだが、何をしたということよりも、どうもM子様が陥れたい相手の情報を織り込み、あたかもその人物の差し金かのような情報操作を狙ったようだ。

まあ、今の学習院は、M子様とI子様によって恐怖政治状態なのだというのはわかった。

「愛子様へのいじめ」というシナリオの中で、彼女たちににらまれたら、たちまちこのように「いじめの主犯」として大々的に報道されるのだ……

春に何度か行われた貸切のスケートには、10組ほどの親子が招かれた。中には外務省の職員親子がいたと報じられたが、「いじめで親の異動も検討された」と言われた子か?
さらには夏祭りでも何人かのお友達が呼ばれたそうだが、これらも服従を誓った親子か?
暗闇のスイカ割りが、ますます何かの儀式っぽく思えるぞw

そして何組かの親子が須崎御用邸近くの会員制ホテルに宿泊し、皇太子御一家と食事や深夜までの歓談、巡視艇に警護されながらの皇族専用ビーチで海水浴を楽しんだという。

で、那須だ。
あちこちのレジャー施設を貸切にする皇太子御一家。
そこには「愛子様のご学友」の姿があり、M子様も皇太子殿下も、あたかもその子らを接待するように扱うお姿が、写真や記事で大々的に報じられた。そして、I子様に寄り添い、気遣い、手をつなぎ、抱かれるのび太君。

身長は、I子様と同じくらい。

I子様は同級の子と「頭ひとつ違う」背の高いお子様で、まさに140センチくらい…

乱暴男児A君は、こののび太君ではないのか???

この少年については、御学友だとか年下だとかM子様の妹の子とか雑誌により情報が錯綜しているが、まあ、そうでもおかしくないと思う。

肝心なのは、一方的に「乱暴男児A君」にいじめられ、怖がって学校に行けないI子様というのは虚像だということ。

I子様は結構やんちゃで、廊下を走ったり他の子を長い腕で首を挟んだり、男の子を押さえつけて降参させたり…という報道も結構出ている。男の子が怖い、どころか男の子たちのほうが怖がっている…という状態のようだ。

小さい頃はまあ、微笑ましい。

けれどこのくらいの年は、男女の差を意識し、あまり男女でじゃれあわない年頃だと思う。

……いろいろ、厳しい………

2学期に入って、御登校状況は本当に厳しい。

初日は遅刻、早退、お母様同伴。始業式と引き渡し訓練はパス。
そのあともいつもどおりの遅刻、早退、お母様同伴で、2日、「風邪で」ご欠席だとか。

プール嫌いを克服するために、巡視艇を出し、ヘリを飛ばし、近くを通る他県ナンバーの車を職務質問しての厳戒態勢で行われた海水浴。
お友だちと仲良くできるように催された、業者を入れての深夜まで及ぶ夏祭り。

その成果が現れるのはいつの日か……

|

« テレプシコーラ最終回~舞姫たちの舞はどこに~ | トップページ | 田中一村「新たなる全貌」展に行ってきました! »

コメント

このような夫妻が、自分たちの事しか考えない人たちが即位するのを、国民は黙ってみてるしかないのでしょうか?
何か手立てはないのでしょうか?
日曜朝の皇室アルバムで皇后さまの、おやつれにビックリしました。
入内されてからの想像を絶するであろう苦労を乗り越え、やっと平安が訪れるかと思ったのに、心血を注いで養育した長男の想定外の有り様!全ては一人の女性のため。
お痛わしいです。
でも…親の威厳で、何とか言えばぁ〜 とも思います。
両陛下の最後の仕事として…

投稿: ちあき | 2010年9月13日 (月) 08時46分

乱暴男子A君がお気に入りの のび太君(」゜□゜)」…?


雅子様にお友達と認められた子と、そうでない子…。

呼ばれたら断るのも大変でしょうし、うちの子がご学友でなくてよかった ~ と本気で思います。


このままいくと、愛子様は皇室初のパリスヒルトンまっしぐら ですね。


投稿: みりょこ | 2010年9月13日 (月) 08時58分

ちあきさん、ようこそ~!
本当に、皇后陛下はひどくおやつれですし、咳の方も心配です。それでも休まずに…
でも、そんな御立派な姿勢も、本当なら一番に支えるべきお方は何も学ばず、御心も通じないんでしょうね。
公務をなさらないまでも、ご家族で静かに暮らしながら登校への足がかりを…というのなら、まだ理解もしましょうが、あの大豪遊にさらに続く不登校、病に倒れられた皇后陛下をフォローする気配もまったくなしとは、これで呆れない国民がいるのでしょうか……

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年9月13日 (月) 21時06分

みりょこさん、ようこそ~!
まだイコールとまで言えませんが…「愛子様をいじめた男子」たちは皆、愛子様とむしろ仲良しだったという記事もありましたし、愛子様の飛び出し癖、他害、衝動的な行動についてもいろいろ報じられ始めました。
大好きなA君を見つけて靴のまま廊下を駆け、抱きつこうとしたら拒絶され、パニックに
今までじゃれあっていた男子たちが成長につれて距離を置くようになった、それでも抱きついてくる愛子様にひどいことを言ったり、手を出すようになった
これが愛子様いじめ事件の真相か
と思います。
のび太君は、学習院の子ともなんともまだわからないですが、体格的にはA君でもおかしくないし、もしかしたら転校した男子かもしれません。それにまだ、母方のいとこの可能性もありますが…その子はもう少し小柄だったような。
「仲良しの男の子」が、自分の思うようにそばにいてくれればとりあえずご機嫌。
結局お母様と同じで、ご機嫌をとって一時的ににっこりすればいいや、という手段を選んでいるんですね。
何も根本的な解決にはならないし、最終的にどこまで悪化させるか…それを見守るしかないのでしょうか…
あ、これまでも皇室には長い歴史の中ではいろいろな方がいらしたので、初というわけでもないでしょうが、これほど世界が注視する中でどんな不祥事を起こされるかと思うと、恐ろしいです。…ヒルトン姉妹なんて、恐らくまるで比較にならないでしょう……

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年9月13日 (月) 21時22分

深刻ですね・・。一般社会では、この親にしてこの子あり・・で孤立して終わりでしょうけど。
雅子様って愛子さまを将来、どうしたいんでしょう?
天皇?それとも全くその気がないんでしょうか。
色々考えると秋篠宮様に男の子が産まれた!んではなく
狙っちゃった~?なんて、不謹慎でしょうか(笑)
だって、最初からあんな方だったような・・
病気なんかではなくて。

投稿: もも | 2010年9月13日 (月) 23時53分

ももさん、ようこそ~!
本当にどうしたいんでしょう…「認知のゆがみ」が言われていますが、皇室のことや世の中のことに対する認識が、我々とはまるで違うのだと思います。
秋篠宮家に悠仁殿下がいらしたのは、神の意思でしょう。こちらは着々と、普通の子として、また未来の天皇としてお育ちですね。
雅子様は…昔からああいうお方だったようですね。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年9月14日 (火) 07時16分

 小三の頃くらいになると、男子と女子がお互いの違いに気付き「男子対女子」みたいなバトルが始まったりしたような記憶があります。

 それなのにまるで幼稚園児のようにクラスメイトの男の子にべたべたする小三女子(しかも日本を代表する良家の子女)なんて信じられません。クラスでもかなり浮いた存在になるのではないでしょうか。(だから不登校なのかもしれませんけれど。)

 「不登校対策」だなんて大ウソをついて西へ東へと旅行する暇があるのなら、専門医を御所に招いて今後についてじっくり相談されるべきかと思います。

 抱きつかれた男の子は今も学校に通っているのでしょうね。彼は全くの一般人なのだろうに、あんな写真を世間にさらされて本当に気の毒です。学校でからかわれたりしていないでしょうか。

投稿: マロン | 2010年9月18日 (土) 20時19分

マロンさん、ようこそ~!
そう…3年生くらいって、男の子と女の子の間に微妙な距離ができる頃。
それまではじゃれて遊んでても、男の子たちは違和感を感じ始め、拒絶してもくっついてこられて…
のび太君が今現在学習院に在籍しているかどうかも不明ですが(愛子様に執着されて転校した男子がいるそうです)、あんな状態って……本当に気の毒です。

投稿: 闇鍋奉行 | 2010年9月19日 (日) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレプシコーラ最終回~舞姫たちの舞はどこに~ | トップページ | 田中一村「新たなる全貌」展に行ってきました! »