« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

1300年前に学ぶ

天平九年十二月丙寅、皇太夫人藤原宮子は突然、異母妹の光明皇后宮を訪ねた。

出産以来36年も精神的な病のため宮の奥深くにこもり、子どもにさえ会っていなかったという気鬱の女性である。

また、その子どもである聖武天皇も、この日皇后宮を訪ねていた。

この日宮子は僧正玄昉と引見。目が合っただけでたちまち目が覚めるかのごとく気分が晴れ、病が快癒。めでたく我が子聖武天皇との面会を果たしたのである。

……なんと都合のよい「精神病」か、と思う。

このとき彼女はどういう立場だったか。
不比等の娘として文武天皇の妻となり、首親王を出産。
36年の療養生活のなか、我が子は史上初の「母親が皇族でない」身ながら天皇に即位。
その年、自分の称号について、我が子や兄弟が「大夫人」としようとしたが、長屋王らの反対により「皇太夫人」、口頭では「大御祖(おおみおや)」という新しい称号を得ることとなった。臣下の出身でありながら、我が子を天皇とし、畏れ多い称号も得た。
その長屋王も、藤原四兄弟が滅ぼさせた。
藤原一族の長娥子の子らだけを残し、すべて「自害」させたのだ。

もはや我が一族に対抗するものはいない。

…が、この年、藤原四兄弟が疫病で次々に亡くなるという事件が起きていた。
明らかに正当だった長屋王のたたりだと、人々は畏れた。
口さがない人々の口を封じるためにも、我が子・聖武天皇(皇族以外の女性の子である天皇)と、妹・光明皇后(史上初の皇族以外の皇后)の正統性を演出しなくてはいけない。


それで、突然の「奇跡」が演じられたのだろう。

信心深く孝養を尽くす聖武天皇が、僧正の霊験を得て母の病を治し、生まれてから会うことも適わなかった大御祖との感動的な対面を果たした。
神仏の力は、この血統にあるのだ、と。

藤原宮子については詳しい記録も無いようだが、こんな「奇跡」が平気で起こせる都合のよい病気だったのだろうと思う。

自分の子が天皇になれば治る
皇后になれば治る

……という、現代の「宮子」を、見ているから。

☆ ☆ ☆

今日発売の「女性自身」は、渾身の「雅子様のご希望」号。
ウイリアム王子の結婚式に出なくては! 愛子様を天皇に!

……雅子様は日ごろは、皇居奉仕団に挨拶することさえおできでない。
今年10月には、愛子様と江戸川区スポーツセンターを貸切にして(本来の利用者である区民を完全排除して)、ほんの数十キロ先で行われた千葉県の全国障害者スポーツ大会開会式の出席を見合わされたほどのまことにおいたわしい「重病人」である。
それについての東宮大夫の見解は「都区外での公務は負担が大きく…」だったが、まさにその直後、都内どころかほんのご近所である明治神宮参拝も理由なくご欠席。

ええと、国民や障害者や、皇祖を蔑ろにしていらっしゃるわけでは、ないんですよね???
「お病気」なんですよね????

ならば、完全にお病気が癒えて皇太子妃の務めを果たし、皇后としての心構えをしっかり身におつけになるまでは、しっかりとご療養なさるべき。
プロトコルの面でも、この結婚式ご臨席は、あいませんから。

それと、愛子様を天皇に、という主張の書き手の面々、しっかりと記憶しておくべき。
いずれも根底にあるのは……

約1300年前、おビョーキの皇太夫人と、才色兼備の皇后が、いかに世論を操作する役割を果たしたか。
そうして生まれた女性が天皇となり、どうなったか。

小林よしのりは愛子女帝論を展開する中で女性天皇をひたすら礼賛していたが、一番肝心のこの女性天皇にはろくに触れないまま、また多くの人の質問や指摘には答えないまま、勝手に勝利宣言して天皇論を完結させたようだが……

称徳天皇が何をしようとしたのか、天皇の「女系」を乗っ取った藤原氏でさえ恐れたことは何か。
有名な和気清麻呂事件のことは。
その事件直後、なぜ彼女は病に倒れ、そのうえ祈祷もされなかったのか。
そしてその後江戸時代まで「女性天皇」が封印されたのはなぜか。
和気清麻呂像が、今も皇居を守護するようにあるのはなぜか。
すでに1300年前、女系を乗っ取られている天皇が、
21世紀に男系も乗っ取られたら、果たしてそれは天皇といえるのか。

これを描かなきゃ、「天皇論」は完結しないと思うのだが……

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

こんなとーちゃんにかーちゃんはなりたい~よつばと!

ふう。

今日も休日出勤だったのだが(今後どうなるんだろう><)、「よつばと!」最新刊はしっかり購入。

よつばと! 10 (電撃コミックス) Book よつばと! 10 (電撃コミックス)

著者:あずま きよひこ
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2010/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

…ここ数年、「よつばと!」を読むと泣いてしまう。

どこも、泣かそうなんていう描写が無いのに。

「泣かせます!」なんて宣伝している映画や携帯小説なんかには絶対に泣けないだろうなwと笑い飛ばせるのに。

何の変哲も無い、小学生のみうらちゃんが化粧をしてきりりと御輿を先導するようなシーンにぼろぼろ。

色鮮やかな気球が炎でふくらみ、空に飛んでいく様子にぼろぼろ。

そして今回もまた、「とーちゃん」こと小岩井さんが、いかによつばに接しているかで、ぼろぼろ。

忘れてはいけない。

このマンガは、基本的にはロリだのヲタだの、そういう世界のマンガだ。
冷静になれば、独身男性が外国人の、血の繋がらない(?)幼女を育てて一軒家に引っ越してくるとか、その隣人が、大学生・高校生・小学生の美少女3姉妹だとか、5~6歳の養女を幼稚園にも行かせずに育てるとか、なんてヲタに都合のいい設定なのか。夢を見るにもほどがあるぞ!

……が、そんな「いかにも」なファンタジーが、老若男女関係なく喜ばせ、笑わせ、泣かせる。

ナゾの幼女・よつばをめぐる人々は、実に多彩だ。

隣人は、一家揃ってそれぞれに接しているし、とーちゃんの友人ジャンボややんだも、それぞれに接している。

ていうか、基本的に楽しんでいる。

…ここ数十年、子どもの面倒を見ることは大変な重労働ということになってしまっていて…いや、たしかにそうではあるのだが、時に「楽しむ」という視点を失いがちなのだ。

うちの子らも、いろいろあったのだが(読み返せというのは地獄だなあ!)、それでも私は、子どもを持ち非常に危なっかしいながらも接していて、本では得られないいろいろなことを思い出したのだ。

離乳食の「パンがゆ」を作ってみて、「こんなんでいいのかなあ」と試食して、…

「ああ、これ、昔食べた。思い出した…」と泣いてみたり、

幼稚園の遠足に同行して、大きな大きな滑り台を子どもと一緒にすべり降りて、
「昔は、こんな滑り台に憧れていた……次にこんな経験をするのは、孫とかなあ…」
と、感慨に耽ってみたり。

そういうことを、この本で思い返してしまうのだ。

私がこの作品で涙するのがなんのせいなのかはわからない。

自分が経験したことを懐かしんでいるのか、
自分が失ったことを惜しんでいるのか、
自分が得られなかったことをうらやんでいるのか。

……はっきり言って、私よりも、小岩井さんの育児、素晴らしいし…

とりあえず、私も昔、幼い息子の万引き癖に気づいたとき、閻魔様に叱っていただいたな。
…あの日はパパもいたのだけど、息子、覚えているだろうか。

そうそう、鋼の錬金術師最終巻を子どもらに与えたら、両方とも本気で両の目から涙を流し、「これまで読んできて良かった」と熱い思いを語った。

私の9年と、子どもらの9年は、重みが違うだろう。

| | コメント (2)

2010年11月22日 (月)

コミック大漁の日!

まずは、鋼の錬金術師27巻、最終巻である。

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス) Book 鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はあ…もう、「見事だった」としか。
最初から最後までまったくダレることなく見事に完結させた。
少年漫画の世界では、「完結させる」ことが意外と大変なのでこの描き方、描かせ方、終わらせ方は素晴らしい。

涙、涙…の果てに、感動を台無しにするセルフパロディもまた見事w

まだ読み始めたばかりだけど…

とりぱん(10) (ワイドKCモーニング) Book とりぱん(10) (ワイドKCモーニング)

著者:とりの なん子
販売元:講談社
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ああっ!「帯」入りの画像が無い!

木の実が熟すようにどんどん魅力を増していく本作ではあるが、実に意外な人物たちが華麗に推薦しているのだ……

それは、某美形の英国伯爵で美術品専門怪盗と、某美術オンチのNATO将校…

ちょwwww活躍する出版社も違うのになんでwww

もういっそ、
鳥インフルエンザで無差別テロを企む組織を追うエーベルバッハ少佐、伊藤若冲の名画を狙う怪盗エロイカ、つぐみんがあぶない! てな合作でもどうかと。

マンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス) Book マンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス)

著者:ゆうき ゆう,ソウ
販売元:少年画報社
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ読んでないけど、これには期待せずにいられない!

他にもビリーバットや、気になる本がいくつもあった…ああ、本当に読んで読んで読み倒したい!

……で、22日は「モーニング・ツー」の日でもあるんだが、「聖☆おにいさん」にサンシャイン牧場ネタがあった。

……が、そこは聖ペトロに「水の前に虫だろう!」とぶち切れて欲しかったw

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

もやしもん…キャラゲーはやっぱりキャラゲーか

ああ、あのユーザーに優しい「農場パラダイス」が、堕落してしまった。やってはいけない、課金をしてしまったのだ。

もはや楽園は存在しない。とっとと見捨てる大物盟友も出るし、私もショックだ。まだ、ココダワンが残っているので続けているが……ああ、3時間ごとの宝箱の呪縛から、もうすぐ抜けられるのかな…と、ちょっと気が楽になっていたりもする。

そんな心の隙間に、娘が「もやしもん」アプリのお誘いを出してきた。

……これ以上やったら廃人になるからと、頑なにアプリ追加を拒否してきたのだけど。
もやしもんがアプリゲームになるのは知っていながら、ずっと耳を押さえていたのだけれど。

1週間前、ついその世界に入り込んでしまった。

カオスだった。

まず、誰もが放置している。誘った娘すら、だ。
聞くと「だって、ログインできないし」
超人気漫画だけに当然ユーザーが殺到するだろうに、どうもそれに対応できる状態ではなかったようだ。
それだけではなく、もう、不具合が出っ放しだし、不安定でしょうがない。すぐに固まる、やった動作が反映されず元に戻る、しょっちゅうアイテムが消える……まともに動いていても、配慮が無さ過ぎだ。

たとえば、レベルアップするとする。

ゲームユーザーにとってはそれは至福の瞬間で、この手の育成ゲームでは、育成できるアイテムの幅が増えるという喜びに満ちている。
…が、喜び勇んで買える様になったアイテムを買い込み、それを醸そうとしても…それを醸せる菌が見つからない。他の先輩ユーザーのを見ても、無い!

……結局、一度離れて、入りなおさないと新しい菌が現れないのだ。

ログインしっぱなしがデフォのアプリなのに、それは無いだろう!

また、例えばメインキャラで案内役・味噌を醸すオリゼーと、後に現れて醤油を醸すソーエは見た目がそっくりなのだが、そういうこともちょっと触れてあげないと、迷うユーザーが出ること必至だ。

で、あまりに不親切なシステムとゲームバランスの悪さによほど苦情がいったのか、19日にゲームバランスを調整したらしい……

って!

次のレベルアップに経験値600が必要で、私は仕事もあるのでそんなに頑張れないながらも、それを稼いでレベルアップした。ところがその次のステップは210だった……

え? と調べたが、軒並みレベルアップへの経験値が下げられていて、収穫の経験値が無いにも等しく。
どかんと醸すよりも、ちまちまと樽を並べて雑菌を殺していけば、ラクラクレベルアップになってしまった。

……ゲームではレベル18で作物が終了、レベル20で樹教授の域に達するのだが、発表間もないのにその域を軽々超えるユーザーも続出。……働くママの私でさえ、1週間で…いや実質3日でレベル11w

「どうすんだよこれw」

菌のふわ~~~んと動く様子はなかなかよろしいし、樽をちまちま並べてわく菌を殺すのは楽しい。

しかし、人気漫画のキャラに依存しすぎで、そこから一歩も進めていないアプリだな、という感想は否めない。

菌のせりふだって「かもすぞ」だけでは原作のシニカルな魅力を出せてない。

もやしもん、なめるな。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

マンガ日本史「額田王」カンタービレ

PCで、「おせち三段重」と入力したら「おせち散弾銃」と出ました。

「ブッシュドノエル」と入力したら「ブッシュ殿得る」と出ました。

もう、そんな季節なんですね。闇鍋奉行です。

朝日新聞社で出している「マンガ日本史」が第二期に入り、今日二ノ宮和子の「額田王」の巻を買った。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12086

人気漫画家がフルカラーで、専門家の監修のもと歴史上の人物を描く、学習マンガの決定版というわけで、前にもちょっと話題にさせてもらったが、多少当たり外れもあるようだし、全部は読めていないところ。

なんせ、ページ数は僅かだ。ドラマチックにするにも限度はあるし、作家本人の解釈を大胆に入れるわけにもいかない。あまりまとまりすぎても面白くないし、かといってでたらめでも困る。作家の皆さんも大変だ…

で、今日は久々に買ってしまった。

額田王は、ナゾだらけなのにやたら想像力をかきたてる人物だ。
それをあの「のだめカンタービレ」の作者が実においしく調理してしまった。

いつも私は、学習マンガを読むときに、作画担当がどれだけ内容を理解・咀嚼し、誰にもわかりやすく読みやすいものに仕上げるかを気にする。中には、人気キャラクターを使っていても、「これなら本を読んだほうがいいだろう」というものもあるからだ。マンガならわかりやすいというものでもない。やはり、作画担当者の力量がものをいう。

で、キャラが、監修の先生の本の内容をそのまま読み上げるような学習マンガには最低評価をつけてしまうのだが……どうしよう、この「額田王」、「これ、どっかで読んだような…」と思うシーンがある。私は乱読で、この時代の本をいろいろ読んだのだが、まるでそういう歴史本の文章をそのまま登場人物がしゃべるようなシーンがある。

そ、それが猛烈におもしろい!

思わず吹き出してしまった。こんな言葉も、この作者にかかれば説明っぽいどころかこんなに面白くなってしまうのか。まあ、こんな額田王見たこと無いw 謎の古代美女がとても身近な女性となり、さっぱりとドライに突っ込みまくる。斉明天皇もさんざんだしw、中大兄、大海人の両イケメン皇子も容赦が無い。

マンガが面白いと、他の部分も楽しく読めるし知りたくなる。

二期の目玉のひとつである巻だが、想像以上だった…今読み逃したバックナンバーが欲しくなってしまっている。

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

へうげもの~秀吉死す!…ってこの音楽は!

大河ドラマの話をしていて
「そろそろ信長死ぬよね」
「ネタバレすんなよ!」

なんていう笑い話があるけれど、…大丈夫…だよね?

「へうげもの」の豊臣秀吉がとうとう生涯を閉じた。いよいよ臨終の時を迎えるに当たって、古田織部らがとった行動は…

へうげもの(11) へうげもの(11)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

涙で誌面がぼやけそうになってきたところへ、また度肝を抜かされてしまった……な、なんだこのBGM!

(ネタバレにつき省略)

戦国時代を「数寄」を中心に描くというユニークな作品で、サブタイトルにはいつも懐かしいロックやポップス、演歌などをもじったものがつけられており、独特のファンキーなムードになっていたけれど、まさか、この場面で、この曲が、さ、最後までw流れてしまうとは!

詳しくは現在発売中のモーニングか、じきに発売されるであろう12巻で!

息子はめでたく運転免許を取ったが、その後もなんとなくのんびり。これでは本当にニート一直線なので、ちょっとお尻に火をつけてみた。

で、昨日は初めての派遣労働者体験をしたようだ。

「きつい…」

本人曰くなんでも経験だから、とのことだが、遠方での5時間肉体労働(交通費なし)に悲鳴をあげていた。凄まじい筋肉痛が襲う労働で、移動時間、交通費、給料を受け取るために移動することも考えると時給650円程度の換算になってしまう。
「それでもそれしかなければ働くしかないし、違う仕事をしたければ考えないといけないよ」
「うん、わかってる…」

これから息子をニノと呼ぼう。

| | コメント (4)

2010年11月 4日 (木)

ひろがる、よつばの世界

最近、ひょんなことから職場の人に「よつばと!」を貸して喜ばれている。

よつばと!(1) よつばと!(1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

前の「あずまんが大王」もそうだけど、冷静に考えたら、なんということもない設定の作品。

独身男性が外国人の?幼女を育てるなんていうことがあるわけなく、引っ越してきた先の隣家に、女子大生、女子高生、女子小学生の美少女がいるなんて都合のいいことがあるわけない。5、6歳の幼女は幼稚園に通うわけでもなく、「父ちゃん」と一緒に、誰にも矯正されない自由な生活を送る……

「なんというロリ天国だ」と思う。

天真爛漫・純真無垢の幼女の「はじめてのおつかい」や「はじめてのじてんしゃ」などをながめつつ、隣家には美少女三姉妹がだなんて都合が良すぎる!

がしかし、この作品は老若男女の垣根を越えて楽しめる作品だ。ちょっと最近疲れ気味の同僚に「癒されますよ」と貸してみたら社内でブレイク。
「3巻からが、本領ですよ」
「5巻のダンボーを読まないと」
「いやもう、この秋祭りでは」
「牧場に行かないと」
と、請われるまでもなく貸し続けてしまった。一人は、日めくりや絵本のことまで聞いてくるw

そう。
今月末には「よつばと!」の最新刊が出るのである。恒例のカレンダーも出るだろう。

…で、久々に全部読み返してみたのだけれど、画力がすごい勢いでアップしていくのもさながら、

よつばと!(3) よつばと!(3)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

よつばと!(5)

よつばと!(9) よつばと!(9)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

…とまあ、全体的にだが、よつばが表紙を占める割合が減っていき、代わりに背景が情感たっぷりに描かれていく。新刊の画像が出せなくて残念だが、よつばの長い長い影が秋の深まりを語る、さらによつばが小さく描かれたものだった。

天真爛漫な女の子の物語というよりは、彼女を取り巻く世界が徐々に構築され、街として完成していく…そんな過程が、表紙にも表れているように思った。

ああ、新刊が待ち遠しい。

| | コメント (6)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »