« 歴史の中での「勝ち組」 | トップページ | 鬼形が来てた~恐怖新聞スピンオフ »

2011年1月21日 (金)

息子、仕事を決める

たしかに、就職事情が最悪の昨今である。

わが息子も、不慮の入院でせっかく軌道に乗りかけたバイトを2つも失い、せっかくスーツを揃えたのにその仕事にもありつけず、「求職中」と言いながらネットゲームへ…という典型的なパターンのまま、年を越すことになった。

一応、求人誌もサイトも見るし、応募はする。しかし
「なんですぐに返事をくれないんだろうなあ…」とぼやきながら、ひとつの応募に最大2週間待ちぼうけを食らうという状態だった。

…いやほんと、これはおかしい。
だめならだめと、とっとと言ってくれたほうがありがたい。
「2週間以内に電話をしますが、無かったら不採用ということで」で、待っている間にも腹は減るし年もとる。その間、次の活動をしたほうがいいじゃないか。
こんな状態があまりに続いていて、さすがの私も口を出した。

「手ごたえありそうならいいけれど、難しそうだったらどんどん次をあたりなさいよ」

これが、息子の逆鱗に触れた。とても自信のあった応募に落ちたショックや焦りもあったのだろうが、久しぶりに茶碗が飛んだ。

息子は、まじめなのである。
同時にいくつも受けて、複数受かったら断るのは申し訳ないとか、他を受けていると知れたらそれだけで落ちる、とか言う。
しかし、そうも言っていられないだろう。このままでは日干しになる、というくらいの覚悟でいてもらわないと私のほうがたまらない。高校卒業すれば一応独立ということで、いくらか生活費を入れるという約束だったのにそれがないままもうすぐ1年。娘は公立に落ちて高い私立に行き、これもバイトするということだったのに落ちまくり。老後の蓄えどころか来年の生活が不安である。ニートを養う余裕はない。

「そんなん言ってたら、なんも決まらんわなあ」
老母に相談しても、同じ考えだ。難しい時代だからこそ、同時進行でも応募していかないと、いちいち一週間も二週間も鳴らない電話を待ち続けて「ああ、落ちたなあ、来週の求人誌を待とうか」で遊んでいては、時間の無駄だ。
実家の方も諸事情があり家計は火の車で、とうとう70近い母が働くと言い出した。そしてとっととチラシ配りの仕事を得、さらに他にも仕事を見つけてきたという。

うわああああ。
こんな年齢の母が仕事を二つも決めてかけもちで働くというのに、20前の若いもんが仕事がなくて家でごろごろとは……。

今の時代はどうなっているんだ!

…しかしまあ、息子も茶碗を投げたとはいえ、3日過ぎても連絡がなければほぼないだろう、と複数に連絡をとるなどし始めた。「交通費支給」の募集だったのに「交通費無しでなら」と条件を変えてきたところには断る勇気も持ってきた。

そして、まだ1件の結果待ちのうちに訪問したところで、良い結果を得られたのである。

ああよかった、と家族で喜んでいたら、なんと夏に盗まれた自転車が見つかったという連絡も来た。

ああ、ようやく春が来た……

|

« 歴史の中での「勝ち組」 | トップページ | 鬼形が来てた~恐怖新聞スピンオフ »

コメント

まずはおめでとうございます(o^∀^o)

今の息子さんがあるのは、本当に大変だった時、決してぶれなかった闇鍋さんの強い愛情の賜物だと思います。


なので、(戦友?)として闇鍋さんにも拍手です(^O^)


よい一年になりそうですね。


投稿: みりょこ | 2011年1月23日 (日) 00時47分

みりょこさんありがとう~!

でもまあ、バイトなんですけれどねそれでも半年ぶりに定まった仕事が決まって安堵しました。履歴書に1年も空欄ができたら、あとあと大変ですから……

良い年になるといいなあ……

投稿: 闇鍋奉行 | 2011年1月23日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史の中での「勝ち組」 | トップページ | 鬼形が来てた~恐怖新聞スピンオフ »