« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

父の「要塞」

「オール電化」と聞くと、一面の皇太子殿下を想像してしまう。

そんな私であるが、実家はオール電化である。
私は、万一停電した時に困るからと、どうにも抵抗があるのだが、父はしきりにオール電化を進める。
うん、たしかに安全だ。…だが、どこか味気ない。轟々と炎を上げて中華なべを振る快感には変えられない。
「ちゃんと中華炒めもできる強火もできるぞ」
…けど、鍋の中をかき回すだけでは…
「揚げ物も失敗しないぞ」
…油の温度くらい見られないでいたら、人間の能力が損なわれる。…まあ一応うちのガスコンロだって、油が200度を越えたら火が消える程度のことはしてくれるし。
たしかに便利で失敗無く効率もいいけれど、うちはあえて効率悪くても、冬は煮物で部屋を暖めるのが好きだし。
「かつおのたたきが作れないでしょ!」と答えてもみた。
丸ごと、または皮付きのかつおをぱちぱちと炎をはぜさせながらあぶる快感と美味。これはオール電化では無理!

…すると父は、あぶり料理用のバーナーを買ってきたりするのである。

父は凝り性なのと心配性??なのか、とにかくいろいろなものを備えている。

まず、ソーラー発電システムを採り入れた。

余った電気は売れるし、節電に努めればほとんど電気代がかからない。
このシステムが壊れない限りは、非常時でも快適なオール電化ライフが楽しめるというわけだ。
それが壊れたら??
自家発電システムも、別に用意している。
ここ20年ほどは旅行に行ってもアウトドアライフで、そのための高火力バーナーも備えているので、本気で停電になっても、やはり快適に温かな飲食物が楽しめる。
以前2階のトイレに入ったら、壁一面がティッシュやトイレットペーパーの備蓄だった。
水やお湯は常に貯めてある。昔使っていた電気ポットはやめ、沸かしたお湯をサーモボトルに入れて順次使っている。で、これまた私にこれはいいぞと勧めてくるのだが、私は結婚して以来、電気ポットは一切使ってない。サーモポットは私のほうが早いわ。

この実家では、原発の話題は一種のタブー。
父は、かつて原発を作る側の仕事をしていて、母と私はどちらかというと原発に否定的。
どうあっても話題が荒れるからだ。

…しかし。
父のように徹底的に節電の工夫をして、また何重にも安全対策を施した上なら、絶対原発が悪いと言うわけでもなかっただろうに。

今の福島原発や、もんじゅの不安に、押しつぶされそうだ。
素人目にも、なぜ、それを後回しにしたのだ、なぜ最初にそうしなかったのか、またなぜ一刻も早く他からの援助の手を求めようとしなかったのか……と悶々とする。
「安全だから、対策は必要ありません」は通用しない。
幾重にも、本当に幾重にも対策を決め、最新のシステムで対処できるようにして、初めて「原発は安全です」と宣言してほしいものだ。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

ナマズに学ぶ

アクアリウムって、本当に贅沢な趣味だ。

震災の日、家に帰るともう、凄まじい状態。

ちゃんと対策していたたんすが、私の寝床に倒れこんでいる。
電灯の笠が落ちて、壊れている。
食器棚の転倒を抑えるための突っ張り上置き棚が、落ちている。
息子の部屋も、地震に強い突っ張り棚から本がダンボール箱ごと落ちてきて、息子が死ぬ思いをしたという。

「俺、その日休みで、もしも寝てたら死んでたよ! ていうか、あんたどんな趣味をしているんだよ!!!!」

…一応サブカルチャーのサンプルとして、昔買ったり貰ったりした漫画同人誌を箱に入れて、「子どもの手の届かないところ」にしまったのだけど、それが凶器になるとは。

「え、どんなのあったっけ?」
「知るかよ!」

息子は幸いにも起きてパソコンに向かっていて、同人誌に殺される難を逃れたが、自分のパソコンを守るのが精一杯で、本当に死ぬ思いをしたらしい。…まあ、メインテレビはアンテナ端子ごと壊れて倒れているし、サブテレビも倒れていて完全に沈黙。私のパソコン2台も吹っ飛んでいたが、なんとか無事だった。…台所に、梅干やバターが散乱しているのは何だろう、と思う間もなく、息子は叫ぶ。
「もうここ、やべえ!じーちゃんちに避難しよう!」

え。

息子、あまり私の実家に近寄りたがらなかったのに。
私も勤め先から1時間以上かけて帰ってきて、いろいろ呆然としていて…あの、水槽は…ミドリフグ…
「あきらめろよ! それどころじゃないって!」

…私は淡水水槽と汽水水槽を持っていたのだが、あんなに重いそれらの位置がずれ、水は半分ほどになっている。足そうにも、水道が止まっている。ヒーターは…ろ過は…
「ふざけんなよ! 地震でライトが落ちて感電してたよ!」

……幸い息子がいたから、こぼれた水が処理され、火災も免れたのか。

息子は家屋倒壊の恐れあり、水も出ないしすぐにじーちゃんちに避難しようというのだ。
その判断は、正しいといえる。
水を足すことも、加温・ろ過も、この状態ではできない。それは、熱帯魚で水質の変化に敏感なフグには死の宣告だけど……

激しい余震のなか、翌日寄ってみれば、ミドリフグは横たわっていたが、息はあった。
翌々日には、硬くなっていた。水つくりから、また何度も失敗しながら、ようやくうまくいって、育ってきたのに……
とりあえず、フグを植木鉢に埋める。タンクメイトのバンブルビーゴビーの姿は見えない。上からいろいろなものが落ちてきたということと、何やら黒いものが現れて、もう何も見えないのだ。

淡水水槽に、唯一残っていたコリドラスは、じっとこの状況に耐えていた。

プラティやらなんやら、華やかにしていた淡水水槽ではあるが、海水魚を飼いたいな、と思い、新しい個体を入れるのをあきらめ、魚が絶えるのを2年ほど待っていたのだ。
が、このコリドラスが実に丈夫で、ずっと生きてきたのだが……この震災で水が半分以下になり、またこれまでないほどの低温になり、えさもこれまでの半分もらえるかどうかという状況になっても、文句を言わずにじっと、どろりとして油膜も張り始めた水の中で、耐えていたのだ。

コリドラスは、超小型のナマズ科の魚である。

おとなしくて、水の底でメインの魚の食べこぼしを食べるので、お掃除係として入れるのが普通だ。
が、妙に愛嬌があり、情が厚い性格もあり、人気がある。

なお、よく言われる地震の前でも、実におとなしい。
これまで暴れたのはヒーターの異常のときだけで、地震を知られるようなことは一切なかった。

我が家は保温がよくて通常真冬でも暖房を使うことなく室温18度を下ることはめったにないのだが、この春は一体。
河津桜は華やかに咲いているのに、室温は17度程度。

私も仕事で出かけるし、停電に備えて節電もあることから無加温、無ろ過。
劣悪としか…見殺しとしかいいようがない環境で、それでもコリドラスはじっと耐えた。

…余震もかなり収まった。

もう、水を足して、ろ過くらいはしても……

お湯を沸かすと室温も少しあがる。うちはもともと暖房などは一切せず、煮物などで室温を多少上げ、寒ければどてらでもコートでも着て過ごせ、である。お湯と水をあわせた程度の水ではあるが、入れてみる。なんとかろ過機だけでも動かしてみる…

皆下を向くようなご時世でも、沈丁花は静かに花開き、甘い香りを放っている。
ソメイヨシノのつぼみは、こんなご時世でもしっかり膨らんでいる。

加温も、下温も、1年はできそうにないし、水は放射能まみれ。
それでも生きようとする命なら、見守りたい。
…昨年の今頃、これが死んだら海水水槽にするんだ♪などと考えていたというのに。

| | コメント (1)

2011年3月19日 (土)

今こそヒーロー

緊迫の続く毎日で、家ではテレビ(ただし揺れでふっとんで、アンテナ端子ごとぶっ壊れた。今はDVDプレイヤーを通して受信している)をつけっぱなし。NHKばかり。そして職場でも、よほど忙しいとき以外はラジオをつけっぱなし。また、私も計画停電の情報などを得るため、2ちゃんやニコニコ動画のNHK生放送を見られるようにしながらの作業だ。

数日前だが、基本的に地震情報中心の番組で、ちょこちょことリクエスト曲を流していたのだが、そこに「アンパンマンマーチ」が流された。
職場では苦笑。「何、これw」「懐かしいw」と笑いがもれた。

これが、大好評だったようだ。

最近影の薄かったラジオだが、この非常時でリスナーも多く、また不安のあるところでこそ多く聞かれていたようで、直後から「子どもが泣き止んだ」「大人も勇気が出た」などと、メッセージが次々読み上げられた。

…やっぱり、ヒーローの力はすごいのだ。

子どもの頃夢中になった数々のヒーローたち。彼らが希望の光になり、勇気付けてくれるのだ。

☆  ☆  ☆

震災前に買っておきながら、なかなか読む時間のなかった本があった。

超電磁大戦 ビクトリーファイブ① (CR COMICS)Book超電磁大戦 ビクトリーファイブ① (CR COMICS)

著者:長谷川裕一
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの懐かしいコンバトラーV、ボルテスⅤ、闘将ダイモスが集結し、ドラマティカルロボットものの世界が復活!

ああ、なんというか、本当に胸が熱くなる。
国境を越え、星を越え、地球の平和のために戦うヒーローたち。
湯船で立ち話を続けて読者サービスに努めるヒロインたち。

…私事だが、うちは今被災で風呂に入れない…だからこそ気になる…湯船には、漬かれよ!サービスショットは1コマで十分なのに、延々湯船で立ちっぱなしで何を話しているんだwwwww寒そうじゃないかwwww

「だが、それがいいwww」

…とは息子の感想だが、本当にそうだ。
こういうあざといお色気シーンまでもが妙に懐かしい。ああ、南原ちずるといえばシャワーだよ!w

一応男女平等の観点から、今度は男子も風呂で立ち話をするべきだと思うけれど。

2巻ではうちよりすごい家庭内暴力wの話になるし、なんだか現実の憂さも忘れる楽しさだった。

心の中に、彼らヒーロー・ヒロインがいる。

少しでもあんなヒーローに近づこうと思う、幼い心が蘇る。

今の本当のヒーローは、不眠不休で原発や寒さや飢えに立ち向かう人たちだが、そんなヒーローを支えよう、応援しよう、逃げずに自分のできることをしよう、とやっぱり勇気をもらえるのである。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

ようやくPCを再セット

息子の「お仕事」写真を取り入れた手紙は、岩手の義母を大喜びさせた。

いつも心配ばかりかけて申し訳ない……でも、電話でお互いに笑い涙を浮かべながら、息子のナイスな化けっぷり、物まねっぷりに加えて、驚くほどパパにそっくりに成長した姿に盛り上がった。

とりあえず、夫の実家は無事らしい。
うちも、まだ少々ライフラインに不安があるが、全員が無事だし、娘も「温かいものが食べられるだけで幸せ」という。
みんなでたんすを起こし、落ちてきた耐震突っ張り上置き棚を息子にあげてもらい……ありえないところにすっ飛んでいたPCやモニタをセットしなおしてみた…ああ、動いた。 ようやく自分の家に帰った感じ。

コミックいわてBookコミックいわて

著者:池野恋,神田♥ジョセフィーヌ,とりのなん子,そのだつくし,吉田戦車,佐藤智一,地下沢中也,飛鳥あると,小田ひで次,くどうよしと
販売元:メディア・パル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

岩手県知事が責任編集、岩手出身・在住の漫画家たちが郷土愛をつづったコミックアンソロジー本。ちょっと前に、これを家族で楽しんだばかりなのに……あの美しかった海岸線は、街並みは、そして人々は、と胸が痛む。

| | コメント (2)

2011年3月 5日 (土)

コミックスが読みきれない!

昨日ふらりと本屋に寄ると、たちまち私の手にコミックスが…

そう、毎月4日は少年ジャンプコミックスが出る日。「バクマン。」は、子どもたちも楽しみにしているのではずせない。先日「バクマンの表紙ロゴにラッキーマンが隠れている」という話をしてやると、息子が大感動していたっけ。

で、どうにも抗いがたかったのがこの本だ。

どげせん 1巻 (ニチブンコミックス)Bookどげせん 1巻 (ニチブンコミックス)


著者:(企画・全面協力)板垣恵介,(作画)RIN

販売元:日本文芸社

発売日:2011/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本初の、土下座漫画である。その存在を知ってから、まさに全裸土下座でwktk発刊待機していた。
土下座で勝つ! 土下座で戦う!
魂のある土下座には、圧倒的な力がある   のか。
元祖土下座先生・糸色望先生とも比較したくなるようなならないような、話題作である。

また、我が家ではちょっとしたブレイク状態である「キガタガキタ!」の2巻もあった。

キガタガキタ! 2―「恐怖新聞」より (少年チャンピオン・コミックス)Bookキガタガキタ! 2―「恐怖新聞」より (少年チャンピオン・コミックス)

著者:つのだ じろう
販売元:秋田書店
発売日:2011/02/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔少年チャンピオンに連載されていた「恐怖新聞」のスピンオフだが、2巻を読み終わると、同じく同誌に連載していた高橋葉介の「学校怪談」前半を思い出すような趣。息子とは
「それにしても……ヒロイン3人体制だが、あまりうらやましくないというか、3人とも異常性格というのがw」
「まさか、真淵沢妖湖が、比較的まともに見えるようになるとは」
「…まともか?いきなり男子をグーで殴り、パンツを見せる女が、まともか???」
「まともだろう!他がひどすぎるwww」
「まあ、首加世なんか、第一話に一応出ていて、リサイクルされたのにこの性格付けとかありえないw」
「第一話のままリサイクルすれば、普通に可愛いヒロインになれそうだったのにねえ」
「3人目も、最悪だw」
「この3人が待ち構えているオリエンテーリング…怖すぎるww」

そして真のヒロイン・恐怖新聞(女体化)が鬼形冥にまとわりつく。

……彼の家のガラス代も大変そうである。

他にもおもしろそうなのをちょこちょこと。

ああ、でもまだ家には「沈夫人の料理人」最終巻が、まだ読み終えられないまま残っているのに!

良い漫画があふれて読みきれないと言う、幸福な悩みにふける私である。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

ディシディア012発売日! …に体験版orz

ついにディシディアの続編が出た! まだ、タイトルは正確に読めないがw

…が、先日息子に体験版にあたるプロログスをダウンロードしてもらい、やろうとしたが起動せず、アップグレードしてもらうやらなんやらで、結局ゲームを始めたのが今日。もう発売日なのに、体験版からみっちりやることになってしまった。…まあ、このところ外回りが少なくて、電車でゲームどころではなかったのだけど。

ストーリーモードは、なんとかクリア。…しかし、かつて半年、600時間もかけて100パーセントにしたというのに、すっかり指がなまり…というか、すっかり忘れている!
とりあえず、○ボタンを打ちつつブレイクを狙い、□ボタンで……コアが出てものこのこ走るし、セフィロスの「約束のチュー」という声が聞こえても避けられず、「えーと、どうするんだっけ????」と、完全初心者状態。

「どこを見ているんだ」
私がなー。
「悪くない戦いだ」
いや、残りHP2桁の最悪の戦いですが?

こんなにもみっともない戦いを繰り広げながら、とても強気なライトニングさん。
ううむ、これは本編を入れるまで大変そうだ!

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »