« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月18日 (日)

聖域の巻物

前回の日記で「聖域の巻物三段がさね」というフレーズを書いた。

一応解説すると、これはスーパーファミコンの名作ゲーム「トルネコ不思議なダンジョン」のネタである。

入るたびに中身が変わる、運次第のダンジョンをめぐるアドベンチャーRPG。ドラクエでおなじみの武器商人・トルネコが、知恵と勇気で立ち向かう、割りと頭脳派のゲームである。
が、そこはRPG。頑張ればいろいろ楽に冒険できるようには出来ていて、例えば自分の家の倉庫を大きくし、21階で拾える巻物を利用してなんども出入りを繰り返せば、武器屋防具を強化でき、さらにハラヘラズの指輪を装備すれば、もう楽勝!いつかは絶対にクリアできるし、楽しいダンジョン巡りができる

はずであるが。

「絶対」は絶対にないのがこのゲーム。

レベルも高く、武器は強い。ほくほくしながら歩いていて、恐ろしいのが、「ばくだんいわ」というモンスター。
こいつは、ある程度HPを減らすと動きが止まるが、それを超えると爆発してしまい、大ダメージを食らう。

私はそのとき、余裕余裕♪と思っていた。
それを下に置いて上に乗れば、モンスターは一切攻撃できない「聖域の巻物」というものを持っていたからだ。
これに乗っていれば、恐ろしいモンスターにいくら囲まれても経験値稼ぎの場になる。
私は、絶対安全な場所からモンスターを切りつけ、倒していった。
ここに居る限り、モンスターどもは手を出せず、周囲をくるくるとまわるばかりだ。
わっはっはっは、ざまあみろ!
ファンファーレの鳴り響くなか、ばくだんいわに囲まれた。

…何が起きたのか、にわかには理解できなかった。
鍛え上げられた剣が、1躰のばくだんいわを倒した。
爆発した。すると他のばくだんいわが誘爆した。

ゲームオーバー。

……自慢の装備も全て奪われ、ぽいっとダンジョンから放り出される私。

冷静に考えた。
ばくだんいわは、爆発すると周囲のアイテムも焼いてしまう。だから、モンスターもアイテムもいっぱいのモンスターハウスでは厄介である……で、自分の乗っていた聖域の巻物も、焼き払ったのだ。
自分は丸裸になり、他の爆発でHPが1になり……


聖域にあって、慢心した結果がこれか。


雅子さまも、皇族、女性、病気……という聖域の巻物の上に載っていらっしゃる。
絶対に批判されない安全圏から、これまでどれだけ周囲を攻撃されたことだろう。
諫言してくれる人は、去った。皇太子殿下の支えになるはずの人も、退けた。
学習院の児童を標的にしたことは、世界中で報道された。
国民が悪い、マスコミが悪い…雅子さまは、決して皇族が使ってはいけない剣を、
ひたすら振り下ろし続けた。

が、今回ばかりはとうとう、ばくだんいわで巻物を焼いてしまったようだ。
すでに「キャリアウーマン」のメッキは剥がれただろう。
私も働く女性であるが、あのように権利ばかりを主張し、とことんマイペースで動き、責任を他に押し付けるような女性を働く女性の象徴のように言われては迷惑だ。かえって女性の社会進出の妨げになり、差別を助長する勢い。

病気という聖域の巻物も危うい。
本物の欝や適応障害の人からも、怒りの声が飛び出している。
きちんとした医師の見解や治療の方針も見せないまま、ただ見守れ、というご本人の手による「医師団見解文」は、誰からも理解を得られないだろう。週刊新潮などはとうとう、独自に「医師の見解」を出してきた。

「ディスチミア症候群」

自省で自分を追い詰める普通の欝と違い、こちらはひたすら他罰的で、自分の責任はまったく感じず、権利を主張し好きなことだけをやりたがり、嫌いなことは頑としてやらない。

まあ私のことかしら!と思ってしまったw

投薬などで治るものではなく、自分を見つめなおし、自分が変わらなくてはいけないんだ、というところに行き着かなければ改まることはない。
ああ、自分も「このままではダメだ」と自覚するまで本当にダメだった気がする。
それこそ周囲全てに批判されるとか、完全孤立とか、餓死寸前とか、そのくらいまで追い詰められでもしなければ、「治る」ものではないのだ。
息子のことも、昔臨床心理士さんに「この子は、『困る』ことができないんですね」と言われた。
なまじ能力があり、罰を与えられてもそれを受け止められず、勝手に解決してしまい、自省することがない。

だから、社会に適応できない…

ちょっと荒療治ではあったが、15歳でバイトをさせて正解だった。
親から離れ、他人から叱責されるのが、何よりの薬だった。
そんなの、別に病気とかなんとかではなく当たり前のことだけど。

そういえば、私の旧い友人も典型的なアスペルガーだが、「挫折は、早いほうがいい」が口癖だった。
猛烈に頭のよかった彼は、10代でアスペルガーらしい「犯罪」を犯してしまい、全てを失ったのだった。
社会に出てからも、いろいろあった。
が、そうやって自省の機会があったからこそ、やり直せた、というのである。

48歳というのはずいぶん遅きに失したような気もするが、あのような恫喝文などに臆せず、マスコミにはさらなる雅子さまへの諫言を期待する。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

華麗過ぎる地雷の踏み方

あーやっちまったなあ…w

雅子さまのお誕生日でのご感想に、医師団見解文。

このところずっと地雷をお踏みの雅子さまだが、ご自身で大きな地雷を仕掛けて自らかかられた。

…2年前の医師団見解文騒ぎから、実質、雅子妃がお一人で見解文を作成している、と見ている。
年をまたいで2月に出された見解文は、医師が一応書いたのであろうと思われる文に奇妙な文が添加され、まことに珍妙な「億単位の予算を食いつぶす海外静養おねだり文」になっていた。
驚いたのは、雅子妃があの文章で「要求が通った」とご満悦のご様子だったことと、「雅子妃が手をいれた」ことを隠すどころか堂々と、いやむしろ誇らしげに報道させていたことだ。

これが「認知の歪み」というものか…

またこんな妃殿下を諌めることもできず、言われるままにする東宮職も、雅子さまの代弁者ライター友納尚子さんにも、もやもやしたものを感じていた。

昨年の見解文からは、完全に「医師」の気配が消えた。
それでも、いろいろな疑問を抱えながらも国民もマスコミも、黙って「見守」った。

「あなた、非常識ですよ」

誰かがそう言ってあげれば、ここまで恥ずかしい文章を晒さずに済んだだろうに。
…すでに言われていたのかもしれない。
それが、「人格否定会見」につながったのかもしれないのか。

私も相当痛い人格のダメ人間だが、「それじゃだめだ」「お前は世の中でやっていけない」等、耳の痛いことを言ってくれた人たちに感謝している。
自己愛や自己評価が異常に高く、優秀な自分が結果を出せないのは周囲のせい、社会のせいと開き直る。
この手の人間には、総スカンくらいが一番の薬なのである。
しかし不幸にも雅子さまは、あまりにも高い地位についてしまった。
皇室という聖域、女性という聖域、そして「心の病」という聖域。
聖域の巻物三段重ねにのっかって、誰にも諌められることなく何年もすごし、認知をどんどん歪ませていった。

ご本人は、ご自身の嘘が通用していると思われていたんだろうなあ…
でもマスコミも、いくらおべんちゃらを言っていても、わかる人にはわかるようにいくつも「真実」を散りばめていた。
いじめ報道だって、これが皇太子妃の意向で行われたものであり、積極的に「愛子がいじめられた!」と被害者意識丸出しで奇妙な情報が流されていたこと、読める人には読めるのだ。

医師の書いたもの、としながら自分を賛辞し、責任を他人に転嫁し、突拍子もない要求をする…

それって、自作自演っていうやつですよね?

私が雅子妃問題に強く関心を持ったきっかけの一つが、雅子さまの妹・池田礼子さんのアマゾン自作自演事件なのだが、小和田家というのはこれがお家芸なのか。

今年の医師団見解文は、自画自賛に加えて、マスコミ批判をした。

自ら、GOサインを出してしまわれたようだ…。

これまで好意的だった人でさえ怒った。
さほど関心の無い人も、この皇太子妃の異常に気づいた。
ずっと批判的な人や、真実をしっかりおさえながらもおべんちゃらを書いていた人たちも、

赤信号 みんなで渡れば怖くない

とばかりに動き出す。

…はあ、これからどうなるんだろう。
これまで雅子妃に批判的だった週刊新潮はおろか、雅子妃の広報誌かと思われた週刊文春も、今週はすごい。

| | コメント (2)

2011年12月11日 (日)

未成年最後の夜

息子が年金手続きの通知を見て
「たけーーー!」と騒いでいた。

息子世代では、年金の「元が取れる」見込みはなく、じーちゃんや親の世代を支えることになるのかもしれないが…

「シバトラ」に、そういって振り込め詐欺をやらかした少年がいたなあ。
これから俺たちは、老人のために働かされるんだ、だから、今から取り返してやるんだ!と。
まあ少なくとも、税金もろくに払わないうちに、これまで老人世代が働いて納めた税金で作られた、電気も水道も使えて整備された道路があるような町に住み、公的な様々なサービスを受けて育った子が言うことじゃないわな。

社会に文句を言う資格を得るためにも、年金や健康保険、税金はしっかり払え、と言った。

どこか酒の飲める店で祝でも、とじーちゃんにも言われたが、息子は拒否。
ちょっとしたことではあるのだが、二度とあんたらとは食卓を囲みたくない!ということで…それでもまあ、今日は隣町まで買い物に行き、天然鯛などを買ってきた。いかの塩辛は大好物だし、鯛は皮のついたお造りが我が家の定番。まぐろもちょっといいのを買ってきた。
「あたし、今日は夕飯要らないんだけど」
何かと忙しい娘が言う。ふん。でもごちそう作っちゃうからね。
息子の20歳の誕生日だ。特別だ。
「へー。腐児男の20歳なんて、どーでもいいのにーw」
ああまったく生意気な娘。

「まあつまり、自分がママになって20年なのよ。
おめでとう自分\(^o^)/ありがとう自分\(^o^)/」

娘、だめだこいつ…というような引きつった笑顔で出かけていった。

| | コメント (6)

2011年12月 7日 (水)

源氏物語って恋愛小説なの?

NHK「ヒストリア」を楽しみに見た。

話題の映画もあるとなって、また源氏物語ブームの予感。「あさきゆめみし」に続いて出崎統アニメの「源氏物語」映像らしきものが出たのには苦笑した。

…最初から、違和感…
まず、源氏物語を「恋愛小説」としたことだ。
それこそ、偏見。光る君がどの女性と関係を持つか、それは結構政治的な意味合いがあり、ただ好いた惚れたの問題では収まらず、登場人物たちの運命は変わっていく。
また、あれこれ間違いが目に付く。
末摘花は、中流貴族じゃないでしょ……超落ちぶれていても、王族の姫君。
あれでも、高嶺の花である。
上流貴族から受領階級に堕ちた空蝉と同レベルに語ってはいけない~><

「あんなエロ小説が古典だなんてw」
と息子も、光る君が次々女人を押し倒すの(NHK)を見ながら笑う。

エロ小説ちゃうわ!
そんなあからさまな描写などない。延々着物の描写ばかりで、女人の顔だちさえ、その空蝉と末摘花くらいしか出てこない!
「…いや、エロには顔は関係なくて…」
だから、そういう話も出てないので、エロちゃう!><
「こんなエロ本が今も古典とかいって持て囃されてるんなら、俺の持っているエロ同人誌も、未来には古典になるのかなあ」
…いや、それはむしろ浮世絵だぞ。おまえらの先輩が、あそこにいる。

平安貴族にとっては、詩歌管弦に優れ、雅なやりとりで有力な女性と関係を結ぶのは、スキルを身に付け出世するのと同義。完全に仕事の一部でもあり、政治なのだ。

今では私的なこととされている、結婚や出産、七五三や成人式のようなものが、宮中では大きな政治的案件なのである。

11月3日、秋篠宮家の悠仁殿下が七五三に相当する着袴の儀を迎えられたが、これに絶対に出席など関わらない姿勢を見せ、未だに祝いも言わないという東宮家にも、まさにその「政治的な意図」を感じる。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

最大の親不孝(息子比)

「おかん、台所洗剤ある?」

と息子が声をかけてきたので、見せてやった。最近新しいのを買ったばかりだ。
「薔薇の香りだぜ」
「おお!」

ピンクのボトルにアロマローズの香りの泡のチカラ。
息子も目を輝かせた。
「そういえばさあ、最近薔薇の香りに惹かれてベルばらのポテトチップスを買ったぜ」
「なんと!」

新聞で読んだばかりだ、湖池屋で、ベルサイユのばらのポテトチップスが出たとかなんとか。

「買って、全部食って、袋捨てちまったぜ!」
「ひ、ひどい! せめて袋だけでも見たかったのに!」
「ぽいっと、捨てちまったぜえ!」
「ひどい!腐児子は、頼みもしないのにベルばら切手を買って、プレゼントしてくれたのに!」
「はっはっは~最大の親不孝しちまったぜ~」

……これまでの親不孝より、これを最大にするかorz

☆ ☆

そういえば、ベルばら切手は、アニメ前半の「荒木絵」風だった。

荒木伸吾さんのご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »