« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

黒柳徹子経済論

消費税率アップ決定。

酔った勢いで戯れに書く。

平成生まれのうちの子などは当然、「消費税」の時代しか知らない。
お金持ちも貧乏人も一律、「平等に」負担するのが消費税だ。

私の婚約指輪は、たしか37500円(うろ覚えだけど)。
当時は、所謂贅沢品にだけ税金が課せられていて、宝飾品はその値段までは無税。
それを越えると税金が加算されて、一気に5万円台になるのだ。
だから、その値段の指輪などがずらりと並び、次は一気に5万円台。
49800円の指輪などは、存在しなかった。
所得税も、高所得者ほど高かった。

「金持ちが多く払い、貧乏人はその恩恵に預かる」

というシステムだったのである。
それを、「平等に」と、消費税が検討された。賛否両論、侃侃諤諤、という時期があった。

そこに、超有名タレント・黒柳徹子さんが発言した。
「高額の報酬を得ても、それがほとんど税金にもっていかれてしまう。これでは面白くない」
そんな内容のことだったが、人気タレントの言葉に与論は大きく傾いた。
頑張れば頑張れるほど豊かになれる、それこそが平等だ、という勢いがついて、「消費税」が導入。当初は3%、そして5%になり、今に至った。

その是非についてはまあいい。

この税システムの変化が、社会構造を良くも悪くも変えた。
能力のある者、努力をする物は大成功して巨万の富を得、そうでないものはそれなりの生活。
勝ち上がりたければ努力すればいい……それもまた正論である。

が、黒柳徹子さんは、念願叶って報酬を税金にもっていかれずにすむ生活を得たのに、困ったことを言い出したのである。
「わたくし、100均にはまっておりまして」

100円と、消費税の3円やら5円やらを払うだけで、あんなものもこんなものも買えてしまう100均。
たしかに、凄い経営努力だし、魅力あふれる品揃えではある。
でも、そんなもの…と昔ながらの店で高いものを買っていた層も、ゴージャスで知られる
「黒柳さんもオススメなのなら!」と平気で安物を買うように流れていった。

その結果、デパートは閑古鳥。
商店街はシャッター街。
二言目には「費用対効果」で、国のため、街のために貢献しようなんていう商店は生き残れず、金銭的にも精神的にも貧しい国に、日本はなりつつある。

文化というのは、相応の階級がいなければ成り立たない。
かつては王侯貴族がパトロンとなって芸術や技術の向上を支え、戦後民主主義の時代は庶民もその役割をになっていた。

今、芸能人など高報酬を得られる人が、贅沢をしないでどうするよ!

震災直後、人気文筆家の林真理子さんは、こんな時に贅沢をするのは気が引ける…というようなことをエッセイに書いていたが、こういう時こそお金持ちは贅沢をする義務がある。
豪華な食事、洗練された服飾品…優れたものは、高いのだ。正当な金額を支払って、それを支持しなければ、日本はものの作れない国になる。
税率変わって得た収入は、大いに国内で贅沢をして還元してもらわないと!

震災後、私もいろいろ変わった。
とりあえず、金遣いが荒くなったw

| | コメント (6)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »