« 親は子のために尽くすもの | トップページ | まだまだ油断できない「女性宮家」問題 »

2012年11月21日 (水)

我が家の紛争

なんだか最近調子が悪く、いろいろ判断力などを失っている気がする。

急に思い立ってイーモバイルに入り、相次いでタブレットPC、ノートブックPC、7インチタブレットを買ってしまったのだ。

まあ、正気でないのは昔からだけど…

それでも、中古で激安の掘り出し物をゲットしたあたり、まだ大丈夫だな。

これには子どもたちも強い関心を持ち、品物選びやセットアップ、基本的な使い方などを私にアドバイスし、手を貸してくれた。

ああ、子どもって、生んでおくものね。

出産から新生児、乳幼児、幼稚園…本当にいろいろあったのだけど、今は子どもたちこそが私の支えだ。

「ただいまー。『私の』タブレットはどこー?」

娘が言う。はあ?
「『私の』タブレットはどこ?」

タブレットって、ブランド名が「ICONIA(アイコニア)」というので、FF:Uのシドに習いメカに女性名をつける私が「あいこちゃん」と呼んでいる、あれのこと?

「あれはママのよ」
「あたしの方が、うまく使いこなしてるから」
「アムロ・レイかあんたは」

そう、娘はこのあいこちゃんを買う時に一緒に店についてきて、実際に手に取り、使い方を私に見せつつあれこれとアドバイスしたのだ。その時、つぶやいていた。

「…おかんは使いこなせない…いずれ私のものになる…( ̄∀ ̄)」

で、私が目を離したすきに
「ふはははは!Twitter登録してやったわ!ニコニコ動画も、私のアカウントを入れてやったわ!」と高らかに叫んでいた。
おいおいあんたのログ、見放題だな??

大体娘は、「実効支配」のスペシャリストなのだ。

昔、息子にコットンのパーカーを2着買ってやったことがある。どちらも息子好みの色柄で、春や秋に使いやすいものだと思ったのだが、引きこもり状態に近かった息子は、関心を示さなかった。

それを、娘がお気に入りにした。今もメンズ服の方が好きな娘は、それをかっこよく着こなし、女子をメロメロにしていた。

ところが最近になって、息子がパーカーの所有権を主張してきた。
「通勤に、あのパーカーが一番いいんだ」
娘が反論。
「あれはずっと私が着ていたのだから、私のだ」
「いや、俺が買ってもらったものだし」
「着ていたのは、私だ。さあ、『私の』パーカーで出かけてくるわ」

娘はまったく譲らず、お兄ちゃんのパーカーを実効支配。

うわー、こりゃ私のあいこちゃんも取られかねない!

息子は、7インチの方に秋波を送っていて、「おかん…これ、俺に売ってくれない…?」と言ってくる。息子は上品だなあ…娘には勝てそうにないなあ…

実効支配有利?国際司法裁判所が…http://sankei.jp.msn.com/world/news/121120/erp12112011080000-n1.htm

娘は図々しいだけではなく、本当に凄いと思う。

今日も夜遅く帰ってきたところで知り合いに失くしものの相談をされ、夕食も食べず出かけていった。暗い道を一緒に探してやり、いろいろアドバイスしてあげた挙句、自販機で温かい飲み物を買って「寒いでしょ。これ飲んで帰りな」と女の子を帰したらしい。

かっこいいなあ…私には絶対に真似できないわあ…

|

« 親は子のために尽くすもの | トップページ | まだまだ油断できない「女性宮家」問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親は子のために尽くすもの | トップページ | まだまだ油断できない「女性宮家」問題 »