« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月23日 (月)

筧容疑者はどれだけ手に入れるのか

筧被告、別に6人殺害認める 青酸連続不審死事件

http://www.asahi.com/articles/ASH3R3JWLH3RPTIL00M.html
テレビニュースなどで気になるのが、「筧容疑者」「筧被告」という呼び方。
筧というのは、確かに容疑者の姓かもしれないが、本来は被害者である夫の姓。
これを聞いたら、親戚や同姓の人は気分が悪くないだろうか?
被害者は、命ばかりか姓まで奪われ、あたかもその名が犯罪者のように扱われてしまう…恐ろしい話だ。

そして、連続殺人の全貌が見えてきた今、この千左子被告の将来が気になる。

これだけ疑惑が多いと、すべてを立件・判決までいくのも時間がかかるだろう。
死刑判決が出ても、再審請求などで時間を稼げば、今68歳の千佐子被告が死刑を執行されるのは……いやその前に獄中で亡くなる可能性が高い。

となると、これだけの犯罪を犯して、借金や貧困からまんまと逃れ、三食昼寝介護付きの優雅な老後を手に入れることになるのでは?

真面目に働いてきた人が老後に不安を抱えているのに、矛盾が生じないだろうか?

| | コメント (2)

2015年3月17日 (火)

親子で語る「暗殺教室」

「今度の巻、凄くいい。本当に引き出しが多いなあ」

と、息子が最新刊を読み終えて言った。
今、我が家3人で共通して楽しみにしている漫画と言えば、まずはこれ、「暗殺教室」。
タイトルだけで眉をひそめてしまう人も大勢いるだろうけど、まことにハートフルな、笑って泣けてためになる熱血教師漫画である。
3月には地球を破壊するという怪物なのに、教師としては最高の「殺せんせー」。
今回は生徒一人ひとりの進路相談が描かれた。
……たって、このせんせーを殺さないと、この子たちの、いや地球の未来はないのですけど?w
でもせんせーは、生徒達の刃をかわし、毒を飲み、塩分過多の手作り弁当に高血圧になり、のろいをかけられながらも、親身に生徒の個性と希望を生かす相談をこなしていく。
そして、13巻目にして初めて! 主人公である渚くんの内面が描かれた。
「僕は、母さんの『2周目』だ」
親が、自分の失敗や夢を子どもに託しすぎてしまう……誰にでも多かれ少なかれある話だ。
中学生くらいの頃は、一度は親子で衝突するものだし、お互いに乗り越えなければいけない壁だと思う。
「いい話だったよねえ。これは、親が子に勧めたい漫画だわ」
「いや。子が親に読ませたい漫画だね」
かつて、どっちかが死ぬんじゃないかっていうくらい衝突した親子が、この漫画をこんな風に語ってる。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »