2008年8月20日 (水)

娘にのろいをかけてみました~イヤな世界地図の覚え方~

新しい塾に通い始めた娘が落ち込んできた。

苦手教科はともかく、超得意!とこれまで周囲を見下してきた教科さえ、わからないという。

自分で希望して、10年以上通って期待の星扱いされたところを辞めてまで決めたレベルの高い塾だ。当然アタシは高レベルクラス!と意気込んでいたのが普通クラスに振り分けられ、テストを受ければ自分の程度を知らされる……どーせアタシなんて…というくらいに落ち込んでいる。

「けどまあ、今そういう現実を知ってよかったんじゃない?来年の今頃それを知ったら大変だけど、今なら、あんたの力ならすぐに追いつけるよ」

と、励ました。何かと鼻っぱしらの強い娘、今鼻を叩かれるほうが良いと思う。部活でも、舐めまくっていた初段試験に落ちたし、神様はきっと娘に試練をお与えなのだろう。

でも「どーしても社会はムリ! 歴史も地理もわけわかんない! てかどーでもいい!」などという娘には何度も言う。

「社会は、これから一生付き合う教科だと思っていい。自分が関係ねーよと思っても、日本の歴史は自分たちが背負っていかなくてはいけないし、主権在民である以上、知らない、どうでもいいではすまないくらいの、1億分の1くらいの王権を担うことになるのだ。1億分の1くらいでよかったこと。本来の王家に生まれたら、もしかしたら自分のあずかり知らぬところに嫁ぐ…くらいならラッキーで、修道院で育って、ただ殺されるだけの運命にたつこともあるわけよ?」と、ベルばらやFFTなんかを例にして話してみる。

まあ正直、歴史考証なんか関係ないような、漫画やゲームのファンタジーでも、実際の歴史を知っているかどうかで楽しみ方が変わってくるわけで、そのためにもあたりまえに歴史だの地理だのは義務教育の範囲くらいは学び、どんなに妄想や薄汚れた傾向でもいいから+αを楽しんでおけよ、と思う。

娘のために、「日本ホモ史」を語った。

大奥のあれこれも語ってやった。そんなん、親に隠れてこっそり調べろやという気もする。

「後白河天皇」という言葉を覚えて帰ってきたので、「その人はむしろ上皇のときに○○、ところでそういう上皇がする政治をなんていう?」とか「後醍醐天皇」という言葉を覚えてきたので「あー、その人、天皇125代で、唯一生きてるうちから自分でその名前を言い出したヘンな人~」などと、教科書に載ってない話をしまくる。天皇でも将軍でも、中学の教科書に載るくらいの人って、意外と変わった経歴の人が多いから、ちょっと調べてみ~と、誘ってもみる。……あんまり、点数に直結しない気もするけど、まったくあやふやな霧のような地理とか歴史とかであるよりは、よこしまでも興味をもてればいいと思って。

「地図とか、マジ市ねとか思う」という娘。なんと情けないことを。
私は昔、娘と同じ年で、地理で唯一満点をとって学校に絶賛されたものだ。

それは、「ベンガル湾」という湾を、なんとなく地図を眺めていて、当時大好きだったアニメボルテスⅤの敵役「ベンガル将軍」に名前が似てるわね~~~と、それだけのよこしまな理由で正解できたのだ。そんなアニメなど興味の無い秀才たちは、思いも寄らなかっただけなのだ。

けど、どんなによこしまでも点は点だ!

というわけで、私は必殺技を繰り出した。

「地図って、おもしろいけどなあ。ママなんか、トイレに貼ってる日本地図だけでも萌え萌えだわ。なあ、この美しい海溝を見ろよ…駿河湾とか、富山湾とか、なんでああいう上手い物がとれるのかわかるよなあ。」

なんてことはともかく。

「バルト3国の位置を覚えるのに、こういうのがあるのよ。さあ、覚えなさいよ、タマフィンフィン」

それは、北欧の3国を男性器にたとえて覚える必殺技だった。ていうか、それほどまでしなくちゃ、覚えられないのかよっという人のための救済措置、というかのろいだ。

現に、そんなこと常識ですわと高学歴を誇る2ちゃんねるの奥様たちも、この「タマフィンフィン」にはもだえ、あえぐ始末。ちょっと忘れた頃に「タマフィンフィン」といわれただけで、奥様方はもだえまくっておいでであった。

「この『タマフィンフィン』を覚えたら、一生のろわれるのよ。今まで覚えられない、興味をもてないという北欧の地図も、これからは『タマフィンフィン』があなたを支配するわ。どう?

砂に水がしみこむように、タマフィンフィンが入っていくでしょう? もうあなたはタマフィンフィンの呪縛から逃れられないの。一生、北欧の地図を見れば「タマフィンフィン」が脳裏を掠めるのよ、おーほっほっほっほ!」

「ねーよ!」と娘が突っ込んだ。しかし彼女がタマフィンフィンののろいにかかったのは、誰の目にも明らかであった。

決して仲は悪くないが、口が悪い子どもたち。娘が兄に言う。
「おーい、初代 中二階堂! ご飯だぞ~」
中二階堂というのは、ごくマニアックな層で受けている漫画「ミツルギ」の、変態高校生である。息子は、なんとなくその中二階堂君に、妙に似ている。

「うるせえ、この元祖中二階堂」

中二階堂君に妙に似ている息子が、娘に暴言を放った。……たしかに、娘は美人で優等生な女子中学生という、どこの「吉祥天女」かよな少女だが、ママに対してのセクハラはどこのオヤジかよ、というレベルだ。

一方、うちの息子ときたら、バッグ一杯の美少女フィギュア、美少女同人誌を持ってはいるが、これでも一応優等生。

その優秀で美しい子どもたちが、「元祖」「初代」と言い合う。

「なんだか、元祖とか初代とかって、ラーメン屋の争いみたいね」と、私は優雅に笑ったが、「争ってるんじゃねえ、押し付けあってるんだ」と、息子が軽く名せりふ。

…まあとにかく、普通に年表とか地図とか覚えてつかあさい……

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土)

不登校息子に転機?~体験入学に参加してみました~

今日は息子と、不登校の子にお勧めと言う学校の体験入学に参加した。

うちのブログにも、多くの通信制高校、フリースクール、サポート校等、広告をいただいており、またいろいろな方から情報や資料などもいただいているのだが、私は経済的な面と、将来の不安で公立高校にこだわるし、本人も資料などを見てもいまひとつ反応が薄く、ぐだぐだと1月まで引きずっていたのを、担任の先生が「今でも体験入学ができて、定員も割れているところがある」と、いくつか資料を見せてくれたのだ。この学校に、なぜか息子が関心を示した。

正直、私の第一印象では「ハァ?」な感じだった。田舎で少し遠いし、定員に全然満たないようなところで大丈夫??? それに、これまでパソコンの前で寝食しちゃうような息子に、自動車整備とかって?

が、本人が「おもしろそう!」と関心を持ったのだ。ここは行かねば。

なんとか徹夜して朝出かけるのに成功。息子は、徹夜明けはたいていハイテンションで、ぺらぺらとよくしゃべる。田舎行きの電車はとてものどか。揺られながら、息子はご機嫌でいろいろしゃべる。朝、出かける前に息子が腹筋などの我流ストレッチをしていたのだが「最近、腹筋鍛えるのサボってたから、衰えちゃった~」と、電車の中でも自分がいかに筋肉好きか、不登校組の中でたくましいと評判かをあれこれと自慢した。そこで出たのがこの一言だ。

「それが、俺が『アウトドア派引きこもり』と言われる所以だよ」

……アウトドア派引きこもり。我が家に、トゲアリトゲナシトゲトゲなみの珍獣がいたのか。

で、この学校の体験入学で息子は生き返った。瞳に輝きが戻った。火花を上げながら行う溶接。びくともしないようなボルトが、こつをつかむと動く体験。何人かの先生方ともお話させていただいたが、どの方も気負うことなく、実情をあけっぴろげに話してくださる。引きこもりでネットゲームにはまる子が多く、パソコン部やいろいろな名目で、学校でそういう遊びに先生の前で興じる子もいるとか。不登校の子、弱い子の救済を目的にしている学校なので、定員の半分しかいないような学校だが、正直性質のあまり良くない、他の弱く、まじめな子に危害を加えそうな子はお断りしてしまうこともあるとか。

最後に応接室で「お飲み物は?こちら(学校玄関)の自動販売機のものでよければ」と勧められたが、息子、珍しく遠慮なく即答で「マックスコーヒー!」と叫んだ。

マックスコーヒーとは、ちょっとローカルではあるが、ネット世界の極一部で話題の古い缶コーヒーである。くどいくらいの甘みのB級感がたまらなく、大人にはわからなくて結構!という価値もあるようなので、大人の私は一応「何がいいんだかw」と笑うのみだが、この席で元気に「マックスコーヒー!」という息子に、本気で笑った。すると、学校の偉い人が「マックスコーヒーは人気ありますね。いつも、あっという間に無くなりますよ」と微笑んだ。

またこれが、私たち親子の心をつかんだ。定員割れまくりの学校だが、その分教職員の目は、本当に行き届いている。偉い人でさえ、自動販売機の売れ筋をドリンクの業者さんなみに把握しているのだ。

すぐに受験申し込みをした帰途、息子は熱く「道が開けた。この学校を紹介してくれた担任の先生に、今すぐにでもお礼を言いたい!」と興奮した。将来性を考えれば、下手な底辺公立高校よりも、技術や資格を得られ、しかも本人しだいで大学などへの道も開けるのは魅力だ。公立よりも費用がかかるので、下の娘の進学が不安であったが、息子は「腐児子(仮名)は俺より優秀だ。俺のせいで腐児子に負担をかけるわけにはいかない」と、アルバイトでもして、学費や交通費の足しにすることを誓い、「まあ、将来回収してくれれば」と半ば冗談で言ったら、「返します!だから、あの学校に行かせてください!」と頭を下げ、これまでなかなか行かなかった床屋にも、今日すぐ進んで行って髪を切り、面接試験に備えた。今の適当な状態でも先生の一人には「君なら絶対合格だよ」と太鼓判を押されたけれど、ちゃんと礼を尽くそうとするトゲアリトゲナシトゲトゲ息子の姿勢に感動した。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

フィルターとコケとり魚が欲しくて、近所の熱帯魚屋に寄った。コケとりで有能と言えるのは、やはりオトシンクルスだろう。よく働き、大人しく、可愛く。しかもうちの凶暴アベニーパファーさんともよろしくやっている。(まずいんだろうか…)

で、いろいろ可愛いお魚たちを眺めていると、ミニブッシーというのが目に入る。「コケとりに!」などと書かれており、とても愛らしい。オトシンの倍ほどの値段だが、それでもリンガーハットのちゃんぽん1杯くらいだ。「すいません~これって、もしかして大きくなりますか?」と、一応聞いてみた。「可愛い~」と買った魚が、巨大化して困ることが、往々にしてある。店員さんもちょっと困った顔をして「それは…セルフィンプレコほどではないですが、最大15センチくらいになることもあって…まあ、通常7,8センチくらいで…」と、あくまでイメージとして同種のお魚でそのくらいの大きさのものの水槽に案内してくれた。ううう~む、飼えない大きさではないけれど、厳しい。今飼っているお魚を押しのけてメインになられても困るのだ。ただでさえ、ミッキーマウスプラティが巨大化・繁殖して不安なのに。ここは泣く泣くあきらめてオトシンクルス購入。061231_034
その代わり、安く売っていたなまずの仲間らしい「ハラ・ジェルドニー」を買ってしまった。ぶ~ん、と飛行機のように拡げた立派な胸鰭と、小さいながら古代魚のような不思議な形状、しかも「大きくなりません、小型魚との混泳に最適、餌の残り物を掃除してくれます」というのにくらくらしてしまった。

10円玉と比べてこの大きさ。ひれのあちこちがまだらに透明で、ぼろ布のように見えるのもいい。店員さんにデメリットを聞くと、う~~~ん、と考えて、「ここで見ると可愛いけど、水槽に入れると目立たないことですかねえ…」とのお答え。それ、可愛いじゃないですか。うちは、滅多に姿を現さない引きこもりドジョウのクーリーローチに萌え萌えですよ?いるのかいないのかわからないなんて、可愛すぎる!と言ったら、「それはお勧めですね」というような顔で苦笑してくれた。

ああ、また底モノを買ってしまった。どじょっこだの、なまずっこだの、水槽の底や壁や葉っぱの裏にくっつく魚、多すぎ。お店では、絶対飼えないと知りつつも淡水エイにうっとりしていたら、小さな子を連れた若いお父さんがやってきてエイを見、

「うわ!気持ち悪いね~うん、気持ち悪い。こんなのも好きな人はいるんだろうなあ~」とその場にいる底モノ数奇を凍らせるようなことを言ってくれた。エイ、普通に可愛いじゃないかあ…アミメウナギやブラックゴーストが気持ち悪いとか言われるのは仕方ない(でも、大好きだ)けど…

ちなみに、ナマズだらけの我が水槽だが、地震が起きてもとても平和。

| | コメント (0)

2006年7月13日 (木)

不登校息子の主張~円周率編~

賭けに負けた……ので、もう1本恥さらしな日記を書こう。

息子は突然夕方、私の実家に現れたらしい。塾の帰りの娘を送りに行ったら、そこにいるとのこと。「カレーだけど、夕食食べていくか」と誘われて、お言葉に甘える。とにかく、息子と実家で食卓を囲めるのは貴重なことだ。過去記事参照

息子は食卓を前に、やはりマイペースにいろいろ語る。これが美少女ゲームやアニメの話じゃないだけ、よかった。今日の彼のテーマは、初歩的な公式への挑戦のようだった。

「球の体積ってあるじゃん。球って、半円が360度回転してできるから、半円の面積×360で出せないかなあ」

… …  ユニークな息子だ。

実は、私は食事を前に、それに対して反論も導きもできなかった。一応、父は日本でも有数の大学の、理数系の科卒だが、やはりぽかーん、だった。日本一の美貌を誇る母は、「やっぱりマリンちゃん(仮名…過去記事参照)はすごいね」と感心した。彼女だって一応その年齢にしては高学歴なのだが、夫の血をひいた自閉気味3人の子供を育てたキャリアだろうか。ナイスフォローだ。おかげで子や孫の異常にも、まったく気づかなかったわけだが。

息子に言わせると、体積の求め方って、面積×高さ。円がぐるりと回転してできる球って、半円面積×360じゃないのかとか、いろいろ言って来る。忙しいので私は一人帰宅して、家でしかできない残業と、明日の料理。そして入浴して、少し頭を整理して言った。

角度はあくまで角度であって、長さではない。

たとえば、この体積の球(あるいは円筒)を、この角度で切りました、この体積は?

てな時には角度は使うだろうけど、四角形が移動して得られる直方体の体積とは違い、回転運動は、広いところと狭いところがあるわけで、体積を求めるのに360度は関係ないんじゃないの?

息子も、いろいろ話していたが、「じゃあ、体積がわかってる球体を使って実験したい」とか言い出した。一応、スーパーボールやビー玉をノギスで直径を測り、公式で体積を割り出した上で水に沈めて、体積を計りなさい、と言って置いた。ああ一応、スーパーボールは水に浮くから、ビー玉にしなさいよ、などとも。息子、悩んでいるようだったが。

息子、幼稚園のときに素数やら倍数やら理解していたし、ユニークな先生のおかげで中学校で習うくらいの物理の主な法則を3年生で身につけていた。が、おかげで「この公式を覚えておけば点を取れる」ではなく、探求することを学んだのだ。

普通に、球体の面積を求めるなんて、小学生レベルだ。妹も「はあ?」という顔をしている。が、「バカ、公式を覚えとけばそれでいいんだよ」とは、誰も言わなかった。これはいい環境だなあ。点を取るなら、何も考えず公式を覚え、逆らわないのが良し。

でも、みんなが「当たり前」と思うことに意義を唱えるのは、ごく一部の、特殊な思考を持った人間だけだ。私は、その特殊さゆえに、得もしたが損もした。なるべく息子には同じ轍を踏ませずに人生を歩ませたいのだが、どうもそれには高校受験は間に合わないように思う。

一応、いろいろ考えたが、自分のレベルでは答えも反論も出せない。エリートのじいちゃんも、うまい説明ができないようだ。学校に行って、数学的センスのある先生に聞いてみろ、と言った。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日は本当に蒸し暑かった。気温や湿度が上昇するのを、不快指数とか言って表現するテレビ局。でも、気温30度、湿度80パーセントでも文句言うのに、

水温40度のお湯につかると幸せな気分になるのはなぜでしょうか。湿度にいたっては、100パーセント超えましたよ。

息子に聞くと

「中途半端はイヤなんじゃね?」

「ちゅ~~~とはんぱは、俺のポリシーにあわねえんだよ!」

「あっちゃんカッコイイーーーー!」「ペケポン!!」

おまえはどこのオリラジだ。

とにかく、いろいろものを考えてほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)